研究テーマ

2006年 週刊誌4コマノート

使う人が決める

今までのノートの形にとらわれず、自由な発想でノートを作ってみよう━━そんな「ノートフェア(2004年)」の企画から生まれたノートです。

注目したのは「本」。本には単行本・雑誌・週刊誌・絵本などさまざまなものがあり、サイズも表紙も中紙や製本方法も、それぞれ異なります。それらを生かしながら、中の紙を無地にしたら面白いノートができるのではないか…こんな発想から生まれたのが、単行本ノート、文庫本ノート、週刊誌ノート、絵本ノート、ペーパーバックノートなどでした。

そうした中で、漫画週刊誌の絵の部分を抜いた、コマだけのノートのアイディアが出てきました。そこで、実際に週刊誌を作っている製本所に依頼。再生紙を使い、週刊誌と同じ綴じや裁断にして作りました。

発売した後でわかったことですが、この4コマノートは、実に多種多様な使われ方をしています。漫画はもとより、絵日記、プレゼンの下書き、目次立て、パワーポイントの編集、TO DOノート、単語学習、写真の構図、絵コンテなどなど。
4コマを朝・昼・晩・間食に分けて、食事内容を記録する。お母さんが最初の1コマだけ描いて、その後は子どもがイメージを広げてどんどん描いていく━━そんな楽しいアイディアも生まれています。
コマを付けただけで、用途が自由に広がっていく。お客様に教えられることの多い商品でした。

週刊誌4コマノートは一時販売を中止していましたが、熱烈なファンの再販要望を受けて、2011年に復活。「良品週間」の期間限定で販売しています。

[ネットストア]
再生紙週刊誌4コマノート・ミニ A5・88枚