研究テーマ

1988年 無印の本


青山に第一号店誕生で、当時の"最も進んだ消費者の街"に受け入れられてから5年が経過しています。福岡、京都、横浜、札幌と出店も続く中で「無印良品」の原点にある考え方を一冊の本にまとめました。生活者の視点、商品誕生の源泉、日本人の自然観、共鳴するアーティストの作品などがつまった本、表紙の穀類や豆に自然への思いを託しています。