無印良品 キャンプ場

南乗鞍キャンプ場

subtitle

飛騨酒蔵めぐり

20090929

こんにちは。南乗鞍キャンプ場の田中です。

さて、牛鍋が終わったと思ったら、すぐに豚汁がやってきます。
冬間近のキャンプ場で、冷えた体にアツアツの豚汁とそしてキュッ!と焼酎を流し込んで、体の中からポクポクに温まる。そんな珠玉の時間はいかがでしょう。
一度体験したら病み付きですよ。


さて、昨年はスタッフ総出でいろいろな酒蔵めぐりをしましたが、
(そのときの様子はコチラコチラです)
今年は中でもちょっと個人的に気になった酒蔵に行ってきました。

まずは去年も紹介しているコチラ、天領酒造。

実はこの酒蔵、商品を見ていると、いろいろ面白いことしてるなー、というのが酒呑みとしての感想だったので、再びお邪魔してみます。

さて、この天領酒造の焼酎と言えば、「天真」という焼酎が有名なのですが、昨年みなさんにお出ししたのがコチラ!

hida3kyoudai.jpg

麦・米・蕎麦と揃った、だんご3兄弟ならぬ「焼酎・飛騨3兄弟」であります。
たとえが古くて申し訳ありませんが、アルコール度数30度というちょっと強めの「飛騨」シリーズ。
詳しくは昨年、ワタクシ田中が自腹を切って呑み比べレポートをしておりますので、ぜひご覧下さい。 コチラです!

実は、昨年、皆さんの前に出してみて、酒呑みな人たちに一番反応が良かったのが、このシリーズです。
ウィスキーのように口で転がしてフィニッシュまで楽しめる「麦」。
吟醸のふくよかな香りを楽しめる「米」
口に含んだ瞬間から蕎麦の香りのパワーがガツンとくる「蕎麦」
と、シリーズ通してもバランスがいいですよね。

天領酒造の中本さん、

nakamoto.jpg

「いやぁ、小さな酒蔵なんで、焼酎はほとんど手詰めなんですよ〜」などと謙遜していますが、丁寧な仕事をしてます。

おっと、これはお酒を飲んでるわけではありませんよ。

mizu.jpg

お酒のもとのもと。天領酒造で使用している水を試飲しているところです。
すぅ〜っと喉に落ちてゆく、とってもやわらかい軟水でした。
天領酒造の口に含んだときの甘〜い感じはこの軟水のやわらかさも多分に影響しているとか。

実は、天領酒造にお邪魔したのは、焼酎もさることながら、最近のワタクシ田中のお気に入り、このお酒が気になっていたからでもあるのです。

uratenryo.jpg


コレ、写真が裏表逆では・・・?と気づいたアナタ。鋭いですね。
でも、ポジの入稿ミスでもあるまいし・・・
実はこれ「裏天領(うらてんりょう)」と読みます。
これは焼酎ではなく日本酒なんですが、キャンプ場がお酒を仕入れている問屋さんが、特別に天領酒造に作ってもらっているお酒です。ということは、そう、世の中にはほぼ出回っていないお酒なんですね。

今年で3年目になるそうですが、問屋の社長さんのこだわりで作られた、その問屋さんでしか買えないお酒、その名も「裏天領」。遊び心があっていいじゃないですか。

もちろん味はお墨付きです。
「ひだほまれ」を55%まで洗って作られたこのお酒、よく見てください。「吟醸純米生原酒」とあります。
日本酒好きにはビビっとくるキーワードがたくさん並んでますよね。

原酒特有のトロリとした甘みと香りの複雑な絡み合いはたまりません!

キャンプ場でも扱っていますが、残り少なくなってきています。
試してみたい方はお早めに!


さて、次は高山の古い町並みのド真ん中にある「原田酒造」へお邪魔します。
今回初お目見えのこの酒蔵、高山の中でも1番〜2番目に古くからある酒蔵です。

haradaoke.jpg

桶ひとつとっても歴史を感じますね。

社長の原田氏、実は無印良品キャンプ場のメンバーでもあります。

mrharada.jpg

「いやぁ、最近なかなか行けなくてねぇ・・・」とのことですが、1時間ほどでキャンプ場まで来れるんですから、ぜひちょくちょく遊びに来てくださいね!

こちらの酒蔵、季節にあわせていろんなお酒を出しています。
冬はもちろん絞りたて。夏はすっきりしたお酒など、季節感を大切にしてお酒を出しているんです。
今の時期は、冷やおろし。秋ならではの熟成酒です。

さて、ここの酒蔵が気になったのは、花酵母を使った焼酎を作っているからです。
コチラです。

yamashimai.jpg

原田社長によると、花酵母を使うことによってお酒の滑らかさなど良い部分をさらに伸ばしていけるのだとか。

昨年は「久寿玉」でおなじみの平瀬酒造さんの花酵母焼酎「北アルプス」をみなさんにお出ししましたが、今回は花酵母シリーズが増えました。

飛騨の酒蔵は、花酵母を試しているところも多く、今回おじゃました天領酒造、平瀬酒造、原田酒造が花酵母を使ったお酒を造っています。伝統ばかりではなく、新しい試みも積極的に行っているんですね。

芋と麦とあるんですが、この焼酎、芋はちょっと苦手・・という人でもイケちゃうんじゃないでしょうか。芋独特のクセがうまく削られていて、まるで焼き芋のような甘い香り
です。芋はちょっと・・・という方にこそ試していただきたいです。

今回紹介したのはほんの一部ですが、
今年もいろんな焼酎をそろえてお待ちしていますよ!


最後に白状します。

イベント用に買ってきたお酒と同じくらいの量と種類を、個人的に購入してしまいました。
今月はよりエンゲル係数ならぬ、酒係数が非常に高くなってしまった田中でした。
トホホ。


イベントの詳細はコチラでご確認下さい。

最新の記事一覧

2009年09月29日
飛騨酒蔵めぐり
2009年09月27日
10月の連休おすすめ教室(かぼちゃプディング)
2009年09月25日
牛鍋イベントだけじゃ今年も終わらない!!
2009年09月18日
暗号?
2009年09月15日
魚放流しました!!
2009年09月14日
果樹園体験!
2009年09月13日
飛騨牛レポート。
2009年09月11日
秋のおすすめ教室 第2弾(キャンプチェアー作り)
2009年09月10日
秋の臨時教室(ドライフラワー教室)
2009年09月08日
ゲージュツの秋
2009年09月05日
9月の連休、おすすめ教室
2009年09月04日
今年もきました。牛鍋の季節!!
2009年09月02日
9月2日南乗鞍キャンプ場状況報告(熊情報)

カテゴリ

バックナンバー

ページの先頭へ戻る