無印良品 キャンプ場

津南キャンプ場

subtitle

コドモとオトナが過ごす本気の外あそび

20210717

みなさんこんにちは。

ようやく梅雨も明けてすっかり夏の陽気の津南キャンプ場です。

今回は8月に開催する「コドモ ト オトナ ノ サマーキャンプ」についてご紹介いたします。

毎年ご好評いただいたおります無印良品キッズサマーキャンプですが、コロナウイルス感染拡大に伴い実施を見合わせておりました。
多くの方から開催のご要望をいただいており、何とか実施できる方法がないかと考え今年は大人の方も参加できる家族単位のプログラムをご用意しました。

自然豊かな無印良品津南キャンプ場(新潟県津南町)のフィールドをめいっぱい使い、源流あるきやカヤック、アウトドアクッキングにキャンプファイヤーなどなど、誰でも直ぐにコドモになって、大人も子どもも思いっきり外あそびを楽しめます。

kids1a.jpg

沢のぼりや、


kids2a.jpg

キャンプファイヤー、

kids3a.jpg

ピザ作りに、


kids4.JPG

カヤック体験も。

kids5.jpg


大自然をとことん遊びましょう。

「コドモ ト オトナ ノ サマーキャンプ」夏しかできない特別な思い出づくりをしませんか。


詳細はこちらから

津南キャンプ場へのルート

20210716

こんにちは


新潟県は梅雨が明け、津南キャンプ場には夏の強い日差しが降り注ぐようになりました。

ところで、みなさんカーナビは何をお使いですか?
「Google MAP」をお使いの方も多いのではないでしょうか。

Google MAPで「津南キャンプ場」へのルート検索をすると
十日町市経由(関越自動車道経由)の場合
津南町に入ってから下記のように検索されます。

このルート、山道です。どちらもおすすめできません。

津南キャンプ場へおこしの際は、国道117号線を長野県方面向かい
新潟県と長野県の県境にあるこの看板を右折してください。
蜀咏悄 2021-07-16 14 34 23.jpg
蜀咏悄 2021-07-16 14 34 28.jpg
Google MAPではこのようなルートになります。

関越自動車道方面からのルートには交差点など曲がるポイントに
「無印良品キャンプ場」の看板がありますのでご安心ください。

看板の無いところで曲がって山道に迷い込まないようご注意ください!

皆様の来場、お待ちしております。

緊急事態宣言に関してのお知らせ(7/9更新)

20210709

いつも無印良品キャンプ場をご愛顧いただき、ありがとうございます。
新型コロナウイルスにより罹患された皆さまおよび関係者の皆さまに
心よりお見舞い申し上げます。

7月8日(木)に東京都へ緊急事態宣言の発出が決定しました。
上記決定を受けて無印良品キャンプ場では、当該期間中の[滞在]
[チェックイン]、[チェックアウト]予定のご予約すべてに関して
キャンセル料は発生いたしません。

■キャンセル料無料対応期間(7/9時点)
7月12日(月)~8月22日(日)

ご予約のお客様におかれましては、ご自身の安全と健康を第一に、お住まいの
各地方自治体からの情報をご確認の上、慎重にご判断をお願いします。

また、キャンセルをご希望される場合は、お客様自身でのキャンセル
手続きをお願いしております。インターネットにてログインしていただき、
該当の予約番号をご選択して、キャンセル手続きをお願いします。
インターネットからのお手続きはこちら
インターネットからキャンセルの方法はこちら

今後の感染拡大状況や政府の方針などに基づき、営業内容が変更になる
可能性がございます。変更になる場合はホームページにてお知らせいた
しますので、最新の情報をご確認の上、ご来場をお願いいたします。

無印良品キャンプ場では新型コロナウイルス感染拡大防止対策を実施
しています。詳細は、下記URLをご確認ください。
ご来場の皆さまも、感染予防対策をご自身でしっかりと行っていただき、
キャンプを楽しんでいただきますようお願い申し上げます。

・新型コロナウイルス感染拡大防止対策について
https://www.muji.net/camp/information/official/covid_19/

キャンプ場の薪のお話

20210628

皆さんこんにちは
津南キャンプ場コバヤシです。

日に日に緑が濃くなり、夏の景色が広がってきた津南キャンプ場ですが、
まだまだ夜は寒く昼は暑い寒暖差の激しい日々が続いています。

ところで、皆さんは普段のキャンプで必ずやっていることはありますか?
私は何といっても「焚火」です。
焚き火をやりにキャンプに行っているといっても過言ではありません。

暖を取るのはもちろん、調理に使ったり、
眺めているだけでリラックスできるのでキャンプ中ほとんどのキャンパーが
焚火をしているのではないでしょうか?

知っている方も多いとは思いますが、焚火には「1/fゆらぎ」という癒し効果があります。
これは一定のようで予測できない不規則なゆらぎで自然界にあふれているそうです。
水の流れる音や小鳥のさえずりにも「1/fゆらぎ」は含まれています。
IMG_7127a.jpg
そんな焚き火に必要な薪ですが、
津南キャンプ場には現在3種類の薪をご用意してあります。
今回はそれぞれどんな特徴があるのかご紹介します。
まずは針葉樹、こちらは密度が低く油分が多いのが特徴で火付きがよく、
勢いよく燃えるので早く暖を取りたいときや着火の際の焚きつけによく使われます。
津南キャンプ場ではお隣の十日町市にある
『福祉法人なごみの家』さんに作っていただいております。
在籍している方たちが一つ一つ束にして薪にしています。
種類は主に杉(すぎ)です。
IMG_E7126a.jpg
続いて広葉樹です、
こちらは密度が高く同じサイズの針葉樹薪と比較すると重く硬いものが多いです。
ゆっくりと燃え、煙も針葉樹に比べると少ないので調理をするときにも向いています。
津南キャンプ場では栃木県にある『益子木材』さんと
新潟県上越市にある『不動生産森林組合』さんから現在は薪を作っていただいております。
『益子木材』さんの薪は主に楢(なら)で割ってから束にする前に、
一本一本棚に並べて乾燥しているそうです。
『不動生産森林組合』さんからは上越市で育った橅(ぶな)の木を伐採し、
丁寧に乾燥し薪にしています。
伐採する場所には祠があり、毎年そこでお祭りをしているそうです。
IMG_E7125a.jpg
IMG_E7124a.jpg
針葉樹は割りやすくフェザースティックを作るのに向いています、
市販の着火剤を使わずに着火するのってなんだかプロっぽくありませんか?
IMG_E7128a.jpg
広葉樹は硬いのでナタではなかなか割るのは難しいですが火持ちが良いので
ゆったりとした夜の時間を過ごすことが出来ます。
IMG_E7135a.jpg
焚火をする際は薪の特徴にも目を向けてみると面白いですね、
心も体も安らぐ時間を過ごしてみませんか?
IMG_5088a.jpg
以上、今回は焚き火と薪のお話でした。

津南キャンプ場おすすめ外あそび開催します。

20210624

皆さんこんにちは
津南キャンプ場コバヤシです。

突然ですが皆さんこちらはなんだかわかりますか?
20210624_140420.jpg
これはモルックといいます。
モルックとはフィンランドはカレリア地方の伝統的なkyykka(キイッカ)という
ゲームを元に開発されたスポーツです。※日本モルック協会より抜粋
12本の木製の"スキットル(ピン)"を
"モルック"と呼ばれる木製の棒で倒して得点を稼ぎます。
ルールも簡単で子供から大人まで幅広く楽しむことが出来ます。

今回は今週末6月26日(土)
津南キャンプ場で初となるモルックの大会を開催します。

参加賞もご用意しておりますのでお気軽にご参加ください。
他にも津南キャンプ場おすすめの外あそびをご用意しております。

場所は教室広場で16時からを予定しております。
ルール説明も行いますので、少しでも興味のある方は見学だけでも大歓迎です。

当日ご興味のある方はお気軽に近くのスタッフまでお声がけください。
皆さんのご参加をお待ちしております。


6/21~23 津南キャンプ場【臨時休業】のお知らせ

20210612

いつも無印良品キャンプ場をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

誠に勝手ながら、6月21日(月)~23日(水)スタッフにおけるフィールド研修
実施に伴い、臨時休業させていただきます。
事前にご宿泊をご予約いただけない措置をとっておりますが、直接ご来場を
お考えの方は特にご注意ください。

【津南キャンプ場 臨時休業日】
キャンプサイト(フィッシングエリア含む):6月21日(月)~23日(水)
※6月20日(日)のご宿泊は、ご利用いただけます。

お客さまにはご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解賜りますようよろしくお願い
いたします。

                          無印良品津南キャンプ場

コメづくり_田植えを行いました

20210607

こんにちは、
コメづくり1年生のマツダです。

津南キャンプ場のある新潟県津南町は「魚沼産コシヒカリ」の生産が盛んな地域です。
キャンプ場でも毎年、魚沼産コシヒカリを育てています。
町なかでは豪雪が溶けると、彼方此方で冬の間雪の下に埋まっていた田んぼを
田植えが出来る状態にする「田カキ」と呼ばれる作業をする姿が見られます。

そして今年も田植えの季節がやってきました。
_DSC1785.jpg
地域に伝わる昔ながらのコメづくりにならい、
「わっこ」と呼ばれる道具を使って田んぼにしるし付けます。
IMG_7054.jpg
しるしを頼りに等間隔に一つ一つ植えていきます。
IMG_7056.jpg
大人も子供も裸足になって一生懸命植えました。
IMG_7061.jpg
1.jpg
キャンプ場への上がる、山に入る手前の田んぼがキャンプ場の田んぼです。
キャンプ場にお越しの際はぜひ探してみてください。

新緑の津南キャンプ場

20210509

みなさんこんにちは

無印良品津南キャンプ場の様子をお伝えします。

5月に入りキャンプ場のある津南町でも眩しい日差しが雪を融かし
豊富な雪解け水を大地に染み込ませ、生きとし生けるものに全てに
力を与えています。

白一色だった大地は新緑に包みこまれ始めています。
C10.JPG

津南キャンプ場も残雪は残っていますが日当たりの良い場所では
山菜が出始めました。まだ少し早いですが皆さんが知っているタラの芽です.
タラの芽.JPG

フキノトウの次に出てくるコゴミです。茹でてマヨネーズと醤油をつけて食べるか、天ぷらが定番です。
コゴミ.JPG

鳥足升麻(トリアシショウマ)形が鳥の足に似ています。
(メジャーではないですが茹でてお浸し、天ぷらがお勧めです)
鳥足しょうま.JPG

定番のフキノトウ
フキノトウ.JPG

ゼンマイ干し.JPG
ゼンマイは田舎の保存食です。
先ずは収穫し大鍋で茹でます、晴れた日に「ござ」の上に広げ日光で乾燥させます
日光で乾燥させることが大切です、乾燥機は使いません。
乾燥させながら揉んでやわらかくしながら(よく揉まないと筋張って食べれません)
徐々に乾燥させ写真の黒い塊までして完成です。(大変な時間と手間がかかります)
けんちん汁や煮物などいろいろ使えます。

山桜.JPG
津南キャンプ場のシンボル山伏山では山桜が緑一色の中に淡いピンクの
山桜が咲いていました。
カタクリ.JPG
薬師湖畔ではカタクリの花が綺麗に咲き始めています。

キャンプ場内の見晴らしの良いサイトからは
津南風景.JPG
素敵な景色が広がっています。

センターハウスは
センターハウス.JPG

これから始まる本格的なアウトドアシーズンにみなさんをお迎えできる
ことを祈りながらオープンに向け準備を進めてまいります。

津南スタッフ一同


春を探して

20210416

さくら1.jpgみなさんこんにちは。

雪国の津南町にも春がやって来ました。

先月から暖かい日が多く、例年よりも雪解けのスピードが
早くなっています。

雪解けと言えば、春の恵みの登場です。
そこで少し早いですが春の恵みを探しに町内へ出動してみました。

先ずは津南キャンプ場へ
キャンプ場までは雪崩の箇所があり車で行けないため途中から
徒歩で向かいます。
IMG_1438.JPG
キャンプ場までの幹線道路は日陰で約3mの積雪がありました。
IMG_1400.JPG
キャンプ場入口付近で1.7m 
雪解けしたばかりの所から力強くフキノトウが顔をだしています。
天ぷら、フキ味噌、ドレッシングにして食べようか悩みます。
IMG_1404.JPG
さて、キャンプ場内の積雪は?(写真はキャンプ場入り口にある山伏山荘)
IMG_1406.JPG
スタッフ小林さんが使っている棒はゾンデボウ
本来は遭難救助の際に辺りに突き刺して使う棒ですが
積雪も図れます。この付近で1.7m
さてセンターハウスは
IMG_1388.JPG
センターハウス脇で1.5m
IMG_1422.JPG
キャンプ場はまだまだ雪の中でした。
B32から見る津南はキャンプ場とは違い雪解けが早いです。
IMG_1430.JPG

町内へ春の恵みを探しに
わらび.JPG
日当たりの良い場所ではすでにゼンマイが生えはじめていました。
ゼンマイは干しながらよく揉み乾燥させ、汁ものにしたり煮物にしたりと
冬に食べ物が少なくなった時期には貴重な保存食でもありました。

町内ではフキノトウがあちらこちらに成長し食べごろを過ぎて
いますが、これから様々な山菜が旬を迎えます。
IMG_1448.JPG
フキノトウ・コゴミ・ツクシの競演
これから始まる本格的な山菜シーズンにみなさんをお迎えできる
ことを祈りながらオープンに向け準備を進めてまいります。

無印良品津南キャンプ場スタッフ一同


あま~い津南の雪下にんじん

20210325

みなさんこんにちは


津南キャンプ場スタッフかなやです。


最近は暖かい日が続いており、雪解けもどんどん進んでいます。
春が待ち遠しいですね。


さて、毎年この時期だけに食べることができるとっておきの食材が津南町にあります。


それは雪下にんじんです。


reninjin8.jpg


雪の下で越冬したにんじんはうまみや甘みが通常のものと比べてつよく、
例えるなら果物のカキを食べているような感じです。

出荷の最盛期を迎えている雪下にんじん、収穫の現場にお邪魔させていただきました。


雪深い山道を進んでいくと、にんじんの畑に到着です。


reninjin4.jpg


周りの積雪は200㎝ほどでしょうか。


ひとつひとつ丁寧に人の手で収穫されていきます。


作業のお手伝いをさせていただきました。


reninjin6.jpg


中腰での収穫作業はなかなか大変です。


にんじんを掘る人 にんじんの葉っぱを切る人 にんじんを運ぶ人


やはりみなさんベテラン。

あっという間に一列の収穫が終わってしまいました。

reninjin7.jpg

reninjin3.jpg

津南の雪下にんじんは3月中旬から4月の下旬くらいまで市場に出回っているそうです。


津南町だと、ロードサイドの直売所や物産館でお買い求めいただけます。


また、ジュースやジャムなど加工品にも使われていますので、キャンプで津南町に来る際にはチェックしてみてください。


reninjin2.jpg


最新の記事一覧

2021年07月17日
コドモとオトナが過ごす本気の外あそび
2021年07月16日
津南キャンプ場へのルート
2021年07月09日
緊急事態宣言に関してのお知らせ(7/9更新)
2021年06月28日
キャンプ場の薪のお話
2021年06月24日
津南キャンプ場おすすめ外あそび開催します。
2021年06月12日
6/21~23 津南キャンプ場【臨時休業】のお知らせ
2021年06月07日
コメづくり_田植えを行いました
2021年05月09日
新緑の津南キャンプ場
2021年04月16日
春を探して
2021年03月25日
あま~い津南の雪下にんじん

カテゴリ

バックナンバー

ページの先頭へ戻る