無印良品 キャンプ場

南乗鞍キャンプ場

subtitle

飛騨牛レポート。

20090913

みなさんこんにちは。
ついに南乗鞍キャンプ場では最低気温が10℃以下の日も出てきてしまいました。
それでも私は自分の限界にチャレンジ!!
まだまだ半袖です。
南乗鞍キャンプ場櫻井迪代です。

お待たせいたしました!!
先週予告した『巨大牛鍋』飛騨牛編を今回はお送りしたいと思います。

南乗鞍キャンプ場の『巨大牛鍋』に使わせて頂いているお肉は高山の中でも老舗のお肉屋さん、山武商店さんからご提供いただいている正真正銘の飛騨牛です。

その山武商店さんのお肉がなぜおいしいのか。
なぜ、正真正銘の飛騨牛なのか。

全国のお父さん、お待たせいたしました。
私櫻井レポーターがお伝えいたします。
(えっ!?何がお待たせしましたかって?いやいや、私に言わせないで下さいよ〜)

実は、山武商店さんは自分達で生産・精肉・販売・食店と私達がおいしくお肉を頂くまでの過程を全て自社でやっていらっしゃいます。
こちらは出産したばかりの子牛。
こちらは子牛の出産から、成長して立派な牛に育つまで丹生込めて行っている所です。
P1100441.jpg

牛を成育させる際に大切なのは、ストレスをなるべく与えないことと、餌の配合だそうです。餌の配合率は代々引き継がれている比率だそうで、企業秘密ということでした。
お話によると大体生まれてから立派な牛に育つまで2〜3年ほどかかるそうです。
8B8D90AC.jpg


そして、こちらは、精肉される前の段階のお肉です。
P1100488.jpg
大きいですね。
このまま焼いちゃいたいですね。
私生活できなくなっちゃいますね(笑)

保管場所が暗かったので、色がお伝えできるか不安ですが、こちらのお肉は深みのあるピンク色をしています。
わかりますか?

実はこのお肉、この状態で届いてから2〜3週間ほど時間を置いて熟成させるのだそうです。
例えばバナナは食べるときに、ちょうどおいしくなるように少し青い状態で店頭に置かれているものがありますよね。本当おいしいのは、黄色が深くなってバナナが熟した時です。
実は牛もバナナと同じで、綺麗なピンク色をしている時よりも熟した状態の方が旨みが増すのですって!

そして、スライスをしたお肉がこちら。
90B893F7.jpg

あ〜とろけてしまいそう・・・
むしろ、この肉たちと一緒に鍋でとろけたいですね。

そんな顔をしていたら・・・
なんと!!
試食用のお肉を頂いちゃいました!!
ミートセンターの坂口さん。ありがとうございます!!
P1100490.jpg

去年試食を断念させられた私。
支配人のいない今日こそ試食の時!!
と思い早速キャンプ場へ持って帰り試食へ。

煮込みようの肉は煮込むのが一番おいしいと聞いたので、甘辛く煮込んだものと比較するため1つは塩コショウで焼いてみました。
8E8E90H8ECF.jpg

8E8E90H8FC482AB.jpg


93F782Q.jpg

えっ!?
左端に見える白い物体が気になっちゃいましたか?

肉→櫻井迪代→食す→ご飯(白米)
そう!!やっぱりご飯は欠かせません。
93F782B294D182P.jpg

82B294D183I839393F7.jpg


ではさっそく・・・
82DD82BF82E693F7.jpg

う〜ん。お肉の旨みがどんどんと出てくる。
とても深みのある味わいです。
やはり、煮て食べた方がこのお肉にはあっていましたね。

こちらが今回いろいろとお話を伺わせて頂いた山武商店さんの山本さんです。
いろいろと、ありがとうございました。
P1100479.jpg

最後に山本さんが1番大切だと教えてくださったことは、おいしい牛を一番おいしい状態で、一番おいしい食べ方で頂くということでした。

山武商店さんは形や見た目にこだわらず、味というもの1番に考えおいしい飛騨牛をベストの状態で提供できるお肉作りをされていました。
今回私が感じたのは、私達がおいしくお肉を頂くまでの過程、常においしい飛騨牛をおいしく食べていただきたいという熱い思いが、山武商店さんのお肉のおいしい理由であり、正真正銘の飛騨牛であると感じました。

さぁ!!
食べましょう飛騨牛!!
それが食べられるのはコチラ。
是非とも食べていただきたい。

最新の記事一覧

2019年03月29日
「無印良品キャンプ場 外あそび 2019」 今年のテーマは・・・
2019年03月28日
もうすぐ7月予約開始!
2019年03月22日
キャンプ場視察
2019年02月27日
「無印良品キャンプ場 外あそび 2019」開催のお知らせ
2019年02月26日
南乗鞍キャンプ場【スタッフ募集】のお知らせ
2019年02月01日
南乗鞍キャンプ場 営業日のお知らせ
2019年01月28日
はじめてのキャンプ~飛騨牛BBQ食べ放題
2019年01月21日
冬の四阿山スノーシュー登山&バラギ湖氷上テント泊
2019年01月16日
飛騨古川 三寺まいり
2019年01月01日
新年あけましておめでとうございます

カテゴリ

バックナンバー

ページの先頭へ戻る