無印良品 キャンプ場

津南キャンプ場

subtitle

春を知らせる色とりどりの花

20200330

みなさんこんにちは

だいぶ暖かくなってきた津南町ですが、植物たちも待ちわびたように顔を出し始めました。

冬の期間は雪で白ばかりだった町にもいろいろな色が見えて春の訪れを感じさせます。


まずは黄色い可憐な花「マンサク」です。

mansaku1.jpg

春にどの花よりも早く咲くことから
まず咲く→マズサク→マンサク となった説があります。

小さい花なのでうっかり見落としてしまいそうですが、早春の雪が残る山に咲く黄色はひときわ綺麗に見えます。

続いて
花火のように咲く「ショウジョウバカマ」

syoujyoubakama1.jpg

水辺の近く、湿ったような場所に多く生えています。


春といえばやっぱり桜!津南町でも例年よりも少し早い開花になりそうです。

sakuraa1.jpg

事務所近くで撮影しました 2020.3.30

津南町には有名な桜スポット「中子の桜」があります。
開花のタイミングにもよりますが、残雪の中の幻想的な桜がみられるかもしれません。

中子の桜 津南観光協会

sawa1.jpg

2020年キャンプ場視察

20200309

皆さんこんにちは
津南キャンプ場コバヤシです。

今回は2020年に入ってから初のキャンプ場の視察に行ってきました。

例年に比べ雪の少ないシーズンですが山の上はどうなっているのか、
やはり少ないのでしょうか、確認に行ってきましたのでご覧ください。

20200304_135638.jpg
約1.5mくらいでしょうか、これでも例年の半分、
もしくは3分の2程度の積雪しかありません。

さらに歩いていくと雪の上での出会いがありました。

苦手な方はごめんなさい。
20200304_140129.jpg
こちらは"セッケイカワゲラ"という虫で
カワゲラ目クロカワゲラ科の昆虫の1種です。

羽が無く飛ぶことはできません、しかも-10~+10度くらいの温度帯で活動することが多く、
+20度くらいになると暑くて死んでしまうという珍しい特徴を持っています。

そこからまた歩いて約20分ほどでようやく山伏山が見えてきました。
20200304_141321.jpg
キャンプ場もやはり例年に比べると雪が少ないです。


周囲の見回りをし、あとどれくらいで雪が消えるだろうか、
準備はいつから出来るだろうかと考えながら下山します。
20200304_142638.jpg

途中でこの周辺のこの時期では少し早い春に出会いました。
20200304_143715.jpg
"フキノトウ"です、こちらはよく目にしますね。
天ぷらにするととても美味しいです。

以上冬の様子や、少し早い春の様子をお届けしました。

春になり皆さんに早く会えるのを楽しみにしております。
20200309_153302.jpg20200309_155514.jpg

ご予約はこちらから

早い春の訪れ

20200218

皆さんこんにちは津南キャンプ場コバヤシです。

最近はいろいろなニュースが世間を騒がせています。
ここ津南町でもちょっとしたニュースがあります。

まずはこちらの写真をご覧ください。

ninnjinn2.jpg

津南の雪下にんじんです。

昨年、地理的表示(GI)にも登録され、さらなるブランド力アップを目指しています。


例年は雪が少なくなった3月の中旬頃からの掘り始めですが、今年は小雪の影響もあり、
2月下旬から掘り始め、出荷が行われます。

冬の寒さに耐え、甘さを閉じ込めたにんじんにはきっと驚かされることでしょう。


ninjin.jpg


※3月14日(土)に開催予定の雪まつり2020は中止となりました。
詳しくはブログ下、雪まつり特設サイトをご覧ください

続いてはこちら

まるで映画の世界のような幻想的なスカイランタンです。

skylantan2.jpg


1.jpg

[つなん雪まつり2020]で数えきれないほどの数で空を覆いつくすこちらのスカイランタンは
写真映えにはもってこいです。

毎年この時期に行われる[つなん雪まつり2020]、今年は3月14日(土)開催となります。
その他詳しい情報はつなん雪まつり特設サイトをご確認ください。
https://snowfes.info/

夏の津南も良いですが、冬の津南にもぜひ遊びに来てください。
早く雪が解け皆さんに会えるのを楽しみにしています。

今年も開催!はじめての親子キャンプ2020

20200217

キャンプはしたいけど何を準備したらいいのか分からない・・・。そんなキャンプ初心者でも簡単・安心に楽しめる1泊2日のプランになっております。テントや寝袋、テーブル、ランタンなどのキャンプセットはもちろん食事まで付いたお得な内容。テントの設営から津南の大自然を体感できるアクティビティーまでキャンプ場スタッフがサポート致します!

~キャンプの流れ~

oyakocamp1.jpg

■テント設営
初めての方も安心。スタッフが一から教えます!家族で協力してテントを張ってみよう!

oyakocamp2.jpg

oyakocamp3.jpg

■場内散策
大自然に囲まれたキャンプ場を散策!季節によってさまざまな植物や昆虫が見られます。じっくり観察してみよう!天気が良ければ山伏山登山に挑戦!


oyakocamp4.jpg
oyakocamp5.jpg

■夕食、寝るまで
お待ちかねの夕食は地元食材をつかったBBQ!津南ポークや魚沼産コシヒカリをご堪能ください!夕食後は、焚火を囲んで温まりましょう。串に刺して焼くマシュマロは格別です!


oyakocamp9.jpg

■朝食
朝食も自分たちで作ります!地元のパン屋さん「松屋」さんのおいしいパンで「いただきます!」

oyakocamp7.jpg

■クラフト体験
キャンプ場にある素材を使ってクラフト体験!キャンプの思い出。大切な宝物になります。

oyakocamp8.jpg

oyakocamp10.jpg

■昼食
石窯で作るピザ!生地を伸ばし、トッピングをして高温の窯で焼き上げます。都会じゃできない体験ですよ!

oyakocamp6.jpg

■撤収、解散
使った道具を撤収し、解散です。あっという間の2日間です。。


さて、いかがでしょうか。
キャンプを始めてみたいけど、なかなか一歩目がでない方!キャンプデビューは是非津南キャンプ場で!スタッフ一同 精一杯サポートいたします!

■開催日(予定)
6月   6(土)-7(日) 20(土)-21(日) 
     27(土)-28(日) 

7月   4(土)-5(日)

9月    5(土)-6(日) 26(土)-27(日)

10月  17(土)-18(日) 24(土)-25(日)
 
■スケジュール
◇1日目
13:00 センターハウス集合(挨拶説明終了後テントサイトへ移動) 
13:30 キャンプ講習テント設営開始
14:30 キャンプ場散策
17:00 夕食の準備
18:30 夕食&シャワータイム
20:30 焚火タイム
21:00 就寝
◇2日目
6:30  起床
7:00  朝食
8:00  テント撤収
10:00 クラフト体験
12:00 昼食作り
13:30 終了・解散


集合  : 無印良品津南キャンプ場・センターハウス
      (1日目 13:00に昼食を済ませて現地集合)
定員  : 5組(20名程度まで)
服装  : 動きやすい服装・帽子・長袖長ズボン・靴
      (雨天時備えて長靴もご用意ください)
持ち物 : 着替え・レインウエア・軍手・タオル・洗面道具・懐中電灯
参加費 : 大人 税込15,000円
      小学生 税込 7,000円
      幼児(3歳以上小学生未満) 税込 5,000円
      ※参加費には以下のものが含まれます
      ・宿泊料 ・プログラム参加料 ・保険料
      ・キャンプ用品レンタル料
      (テント、タープ、ランタン、バーナー、テーブル、椅子、マット、
       シュラフ、食器、カトラリーなどキャンプに必要な道具一式)
      ・食費(1日目夕食、2日目朝食、昼食)
      ※2歳以下の方の同伴に関して
      ・大人1名につき1名の同伴が可能となります。
      ・当日、現地にて同伴される方の人数をお伝えください。

※パッケージプランはMUJIマイルプレゼントキャンペーンの対象外です。

■予約方法
予約はコチラ:https://www.muji.net/camp/user/
ログイン後、「予約ページ」>「パッケージプラン予約」>施設・日時選択して「大人」「小学生」「幼児3~6歳」ごとにご予約ください。(宿泊予約をする必要はございません)


■お電話でのお申込・お問い合わせ先
MUJIアウトドアネットワーク
PHONE:03-5950-3660
受付時間:月曜日から金曜日(祝日を除く)10時から17時まで

氷上わかさぎ釣り解禁前日

20200131

皆さんこんにちは
津南キャンプ場コバヤシです。

今回は嬬恋キャンプ場にお邪魔して明日からのわかさぎ釣り
準備のお手伝いをしております。

まずはこちら現在の湖面状況です。
20200131_142016.jpg
薄く雪が積もり所々島みたいになっていますね。

20200131_142010.jpg
ところにより鏡のように凹凸がなく滑りやすくなっています、
うっかり足を滑らせて頭を打たないように注意してください。

続いて作業の様子です。
20200131_141952.jpg
氷上に穴を開け、
20200131_142114.jpg
ドリル置き場の設置をしていきます。
設置場所は4か所あるので好きなドリルを選んでください、
ただし、使ったら元の場所に戻してください。

最後に暗くなる前に看板の設置をしていきます。
20200131_160802.jpg
風で飛ばされないようにしっかりとビス止めをして、
20200131_161220.jpg
作業終了です、これで皆さんを迎える準備が整いました。

お待たせしました!いよいよ明日から営業です。
たくさん釣ってたくさん楽しんでくださいね。

明日も寒くなりそうです、来場の際には暖かい服装で
お越しください。


5月の予約が間もなく始まります

20200131

みなさんこんにちは


記録的に小雪の津南町ですが、

昨年だと津南町役場前(標高241m)で150cmほど

結東連絡所(標高570m)で250㎝ほどある雪ですが
※秋山郷方面

今日時点で
2020/1/31 AM9時現在

津南町役場前 2㎝
結東連絡所  55㎝

と明らかに少ないことがわかります。

キャンプ場の標高が700mほどですので、積雪は100㎝ほどでしょうか。


津南町に長年住むおじいちゃんおばあちゃんに聞いても、これほど少なかった冬はないと
皆さん口をそろえて言います。

さて、今年のキャンプ場オープンは5月22日(金)を予定しておりますが、

予約の開始は2月3日(月)です


ご予約はコチラ


春先、皆様が楽しみにしている山菜ですが、
この小雪、暖冬で なんと平地ではもうすでにフキノトウが出始めているとか、、、


動植物や昆虫なども少しずつ前倒しでキャンプ場でも見られるようになりそうです。


sansai.jpg
※昨年4月撮影 津南キャンプ場 道中


暖冬です!

20200114

みなさんこんにちは
津南キャンプ場コバヤシです。

年も明け寒いとは思いますが、みなさん体調を崩されてはいませんか?

こちら津南はというと例年に比べ寒くありません。
なんといっても町中に雪が無いんです。

20190117_112047.jpg
こちらの画像は昨年のものです。

20200114_100934.jpg
続いて今年の画像です。
「いやいや、雪あるじゃない。」と、思われるかもしれませんが
よく見ていただけると地面の背の高い草が枯葉の状態ではありますが見えているんです。

過去40年間を振り返ってみても今年は圧倒的に雪の少ない年となっているそうです。

20200114_103011.jpg
こちらの画像真ん中に写っている山、実は山伏山なんです。
いつもは真っ白になっている山伏山も今年は山肌が見えています。
20200114_103018.jpg
ここまで雪が無いのは私も津南町で20余年過ごしてきて初めてです。
これはもしかすると今年は皆様に会えるのが例年よりも早くなるかもしれません。

ただし油断は禁物、2月3月にも雪が降るのが当たり前の津南です。
降ってきて大慌てしないようにします。
IMG_0490.JPG
それでは少しでもみなさんと早く会える日を楽しみにしております。

あけましておめでとうございます

20200101

明けましておめでとうございます。
2020年もよろしくお願いいたします。
20200101.山伏3.jpg
本年は今まで以上に皆様と語り合えるイベントなど計画して
より多くの皆様にお会いできるのを楽しみにしております。


津南キャンプ場スタッフ一同

雪国のくらしの知恵 大根つぐら

20191209

daikon.jpg

みなさんこんにちは。


津南キャンプ場スタッフかなやです。


本日は雪国ならではの生活の知恵をご紹介いたします。

突然ですが、

"大根つぐら"ってご存知でしょうか。

"だ い こ ん つ ぐ ら"

あまり聞きなじみのない言葉ですが、"つぐら"には藁(わら)を編んで作った容器という意味があり、

冬の間に大根を保管しておく藁(わら)の入れ物のことを言います。


昔は各家の玄関近くにあったものですが、いまとなってはその姿を探すのも難しくなってしまいました。


daikon2.jpg


中には大根や、にんじん、ごぼうなどがたくさん入っています。


豪雪地帯の津南町は町場でも2m以上の積雪があり、冬季はつぐらが埋まってしまいますが、

 
つぐらの内部は温度が一定に保たれ、熟成された野菜は凍ることなく、いつ食べても採れたてのおいしさです。


雪解けの5月まで使い、その後は畑の肥料として再利用されます。


物流やインフラが今より発展していなかった時代には、"冬の間、いかに食べ物を保存できるか"が
暮らしの中では非常に大切なことでした。


先人たちの知恵にはいつも驚かされます。


この大根つぐらはキャンプ場からほど近い温泉宿「しなの荘」にあります。


冬の津南町。温泉で体を癒しついでに、ぜひご覧ください。


daikon3a.jpg


さてさて、

キャンプ場へのアクセス道もいよいよ積雪により途中までしか上がれなくなってしまいました。


厳しい冬を耐え、また来年たくさんのお客さんと出会えることを心待ちにしております。


daikon4a.jpg
冬のキャンプ場支配人つなん君も凛とした表情です。


間伐作業と初雪

20191120

みなさんこんにちは
津南キャンプ場コバヤシです。

急に気温が低くなったりしてみなさん体調を
崩されたりはしていませんか?体調管理にはお気を付けください。

今回はクローズ後のキャンプ場内の作業について
お届けしたいと思います。


20191119_093422.jpg
20191119_093434.jpg
戦場(サイト)へ向かう戦士たち

まずはサイト内に侵入してきている樹木の伐採です。

20191119_093731.jpg
細い木から

20191119_093957.jpg太い木

20191119_100027.jpgそしてツタと大小さまざまな木を切っていきます。
20191119_100159.jpg20191119_113851.jpg1574229522121.jpg伐採の終わったものはサイトから除去していきます。

この他の作業としてはキャンプ場に来ていただいている方は
ご覧になったことがあると思いますが、
カーブミラーやガードレールの撤去があります。

そしてレンタル棟の冬囲いなど1574229540803.jpg
来年も建物が壊れないように雪の対策をしておきます。

そして次の日...


IMG_0471.JPG
はい!今年一回目の雪です、まだ朝の段階では5cm~10cmぐらいというところでした。
今も降っているので明日にはもう少し増えていると思いますが、
雪が降る前に準備は終わったので安心です。ギリギリでした

IMG_0472.JPG
IMG_0474.JPG

これにて全無印良品キャンプ場の間伐作業は終了となります。
また雪が解けたキャンプ場で来年お会いしましょう。

最新の記事一覧

2020年03月30日
春を知らせる色とりどりの花
2020年03月09日
2020年キャンプ場視察
2020年02月18日
早い春の訪れ
2020年02月17日
今年も開催!はじめての親子キャンプ2020
2020年01月31日
氷上わかさぎ釣り解禁前日
2020年01月31日
5月の予約が間もなく始まります
2020年01月14日
暖冬です!
2020年01月01日
あけましておめでとうございます
2019年12月09日
雪国のくらしの知恵 大根つぐら
2019年11月20日
間伐作業と初雪

カテゴリ

バックナンバー

ページの先頭へ戻る