無印良品 キャンプ場

津南キャンプ場

subtitle

秋を求めて

20210920

皆さんこんにちは津南キャンプ場です。

気が付けば9月も中旬、津南キャンプ場にも秋が速足で来場しています。
そこで毎年恒例の秋を探してみました。

場内ではススキも穂を出しスタッフに秋ですよと伝えてくれています。
すすき.JPG
今年は8月に思いのほか気温が上がらない日が多かったので
山の恵みの成長は?少し不安になりながら散策です。
どんぐり01.JPG
センターハウスから3分、さっそく秋を発見。
まだ、小さいですが10月下旬にはリスさんなどがせっせと貯めこみ
冬にそなえます。キャンプ場までの幹線道路でも横切る姿をよく見かけます
注意して走行して下さいね。
アケビ01.JPG
アケビを発見、ひとつ見つけると同じ蔓に何個も実っています
場内のいたるところで見つけられます。
あけび2.JPG
アケビ.JPG
まだ、熟しきってないですが割って中身を確認、中にある蚕の繭みたいなところが
甘みがあり食べられます、実は種が多いので味わう時は注意が必要です。
皮はあく抜きをしてから炒め物や天ぷらにもできます
多少の渋みはありますが美味しいです。
山ぶどう.JPG
見つけた山ぶどうの中で一番色の濃い、もう少しで収穫できそうな山ぶどうです。
よく見ると虫がついています、虫は美味しくなる時期を良く知っています。
先をこされました。
赤とんぼ.JPG
今、場内で多く見られる昆虫でキャンプ場のロゴにもなっている
トンボさん。秋晴れの日には多くの赤とんぼが飛び交い昔話のような
光景が広がります。夜にはコウロギやキリギリスなどが素敵な
演奏を奏でてくれます。焚火をしながら虫たちの演奏を楽しんでみては
いかがでしょうか。
田んぼ.JPG
津南と言えば魚沼産コシヒカリの生産地、キャンプ場までの
道中に広がる田んぼも色づき、もう少しで収穫が始まります。

はざかけ.JPG
町内では稲刈りが始まり、はぜ掛け(天日干し)を
している農家さんを見るようになりました。
今年は高温障害も少なく美味しいお米に育っています。
いね.JPG
写真の稲は天気にもよりますが遅くても9月いっぱいに
見れなくなってしまいます。一面の黄金色に輝く田んぼは
この時期しか見れない田舎の風景です。
キャンプ場.JPG
津南キャンプ場のシンボル、山伏山山頂からの風景
プチ登山にお勧めです。
これから木々たちが日に日に紅葉し10月中旬が見ごろの予定です。
ご来場の際は津南キャンプ場のおすすめ風景となります。
里山津南の秋をお楽しみ下さい。

津南キャンプ場 スタッフ一同

最新の記事一覧

2021年09月20日
秋を求めて

カテゴリ

バックナンバー

ページの先頭へ戻る