研究テーマ

プロジェクト 新生児肌着見直し

仰向けの体制が多い新生児、既存の肌着は新生児の赤ちゃんにとって快適なのでしょうか?
肩や袖口の縫い目のゴロツキ感は、痛くないのでしょうか?
もちろん話すことのできない赤ちゃんは答えてはくれません。

着せ替えをする親にとっても着脱がしやすく、赤ちゃんにとってもストレスを軽減できる肌着を開発したい。
こんな思いからスタートしたこのプロジェクトは、アンケート調査、モニター調査を経て学校法人・文化服装学院との共同開発で進行中です。