快適の理由

自分にとって「ちょうどいい」服を着ると、自然な着心地で気分よく過ごすことができます。
この「ちょうどいい」を住まいで実現するために。

住まい手一人ひとりの感覚に合わせ微調整できる、断熱性を高めた暮らしの器を用意しました。

家中どこでも快適な温度を実現する
高性能な壁。

密閉された保温ケースでは、熱源がなくても温度が保たれ、氷も簡単には溶けません。
これは、熱が逃げないよう密閉し、箱の六方を断熱材で覆っているから。

「無印良品の家」の断熱の基本的な考え方も同じ。気密性を高め、建物の外を高性能な断熱材で包み込むことで、室内の隅々まで同じ快適温度に保つことが可能になります。
また、部屋間の温度差のストレスは、ヒートショックと呼ばれる血圧の急変を引き起こし、脳卒中や心筋梗塞のリスクが高まる不安もあります。

健やかに暮らすためにも高断熱は大切なのです。


未来の高性能住宅を先取りする
ダブル断熱工法。

「無印良品の家」は、国が定める断熱基準ではなく、より高い性能をベンチマークに据え、全棟、ダブル断熱工法を標準採用しています。
断熱性能が義務化された時代でも価値を保ち続けられる、その先の性能基準を盛り込んだ仕様です。

建物を断熱材で包み込む外断熱に加え、室内側の壁の内側にも断熱材を充填するダブル断熱。
内断熱は壁内部の結露を抑え、建物の耐久性が高まると同時に、カビや腐朽菌も抑制します。


「+ AIR」で、陽だまりとそよ風の
心地良さを室内に。

これまでは、建物を「スケルトン(構造体)」と「インフィル(内装・設備)」に分けて考えることで、合理性と耐久性が生まれ、家の性能は高まるといわれていきました。
しかし「無印良品の家」は構造や素材だけでなく、空気の質でも家の性能が決まると考えます。

「+AIR」とは「無印良品の家」が提唱する「快適さ」実現の新しい仕組みです。

これまで、個人の感覚で捉えられていた「明るい」「温かい」「涼しい」「新鮮な空気」を、データの数値で可視化。
一棟ごとに、立地条件や周辺環境に合わせ通風、日射取得と遮蔽をシミュレーションして、そこから生活スタイルや暮らし方に合わせた、快適な室内環境のアドバイスを行います。

電気や化石燃料、設備の力だけに頼るのではなく、建物と自然の力を使いこなし、四季を感じながら心地よく暮らす、快適で環境負荷の少ない住まいを目指します。


窓から侵入する熱を遮り、
室内の熱は逃がさない。

いくら壁の断熱性能を良くしても、窓から熱が逃げてしまっては意味がありません。

もし、窓まわりが壁と同じ断熱性能になれば、ほしい場所に自由に窓を取り付けることができます。これを実現するのが「無印良品の家」が標準採用するトリプルガラスのアルミ樹脂複合サッシです。アルミサッシの室内側に、熱伝導率の低い樹脂素材を組み合わせて、外部の熱を絶縁することでサッシの断熱性能を改善しました。
ガラス面はトリプルガラスの空気層が熱をシャットアウトします。

※一部サッシ形状、種類によってはペアガラスとなります。


目に見えない「空気の質」も
重視しています。

高気密住宅では、計画的な換気が大切です。

「無印良品の家」では、リビングや寝室から高性能フィルターを通して新鮮な空気を取り込み、トイレや洗面室などから湿気やにおいを含んだ古い空気をファンで排出する換気システムが24時間稼働しています。

給気口から取り込んだ新しい空気が、住宅内の古い空気を効率よく追い出す、効果的な気流を計画的につくりだし、室内の空気を常に新鮮に保ちます。