現在、本団地の入居募集はありません。

ゆったり、落ち着いて暮らしを楽しめるエリア
武里団地

都心へのアクセスも抜群な、埼玉県春日部市の武里団地周辺のエリアをご紹介します。

丁寧な暮らしを感じられる武里団地周辺エリア

JR常磐線、地下鉄千代田線・日比谷線、東武鉄道、つくばエクスプレスが通る北千住駅から、武里団地のある東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)せんげん台駅や武里駅までは急行で20分。都心に近いという理由で暮らす方がたくさんいます。実は都心へのアクセスが良いのもこの団地の良いところ。暮らしと仕事を分けてバランスの取れた生活を送りたい方には、都心まで電車で30分というこの距離感がちょうどいいかもしれません。

急行の停まるせんげん台駅を出ると、駅前にずらっと伸びる商店街。パン屋さんやクリーニング屋など、個人商店が軒を連ねて活気に溢れています。いくつか大きなスーパーも近くにあり、週末にまとめて買い物に行くのも便利です。

せんげん台駅からさらにひと駅先にあるのが武里駅。武里団地へはこちらの方が近いです。各駅しか停まらないので駅自体はこじんまりとしていますが、駅から伸びる商店街には有名なお肉屋さんがあったり、知る人ぞ知る洋食屋さんがあったりと、個性のある店構えが多いのが武里の特徴です。

団地暮らしの魅力が詰まった武里団地

せんげん台駅からはバスで5分(徒歩10~13分)、武里駅からは徒歩5~10分で武里団地に到着します。昭和41年に建てられたこの団地、全部で約6,000戸もあり、団地エリアそのものが大きな街のように設計されています。建設当初から育った緑豊かな団地の真ん中にはバス通りがあり、駅までのバスも頻繁に走っています。

市の出張所、病院、郵便局、銀行、スーパーなど、生活に必要な機能は全て団地の中心部に集結しています。特に150台の駐車場を完備し、24時まで営業している大型スーパーが中心部にあり、日常的な用事は全て団地内で済ませることができるのも魅力。また、総合病院が平成27年7月に開業を予定しているので、安心感も高い団地です。

便利なだけではなく、団地ならではの環境も十分整っています。敷地内外には緑が多く、とても綺麗に整備されています。公園や保育園も多くあり、夕方には子どもたちがそこかしこで遊んでいる姿も。おじいさんおばあさんから小さな子どもまで、幅広い世代の方が共に暮らしている温かいエリアです。

団地の中心を走るバス通りには、けやきが街路樹として等間隔で植えられており、四季の移ろいを感じることができます。初夏から夏はまるで緑のトンネルのようにうっそうと生い茂り、秋は美しい紅葉の景色を見せてくれます。

団地のそばには新方川(にいがたがわ)が流れ、車通りもさほど多くないので散歩道にぴったり。また春日部から越谷まで延長約11kmの川沿いにサイクリングを楽しむこともでき、春には川沿いに咲く満開の桜が暮らしを彩ってくれます。

武里団地管理事務所の方に、この団地の魅力を聞いてみました。

「武里団地のある春日部市は、全国でも高齢化率が高いエリアとして知られています。とくに武里団地には古くから住まれている方も多いため、高齢者が多いのが現状です。そのため、管理事務所としては高齢者同士のコミュニティづくりを支援したり、自治会が中心となって集会所でお茶を飲むコミュニティカフェのような活動を行っています。
子育ての環境も整っているので、これからはぜひ若い方にも住んでいただきたいですね。その一環で、親子で同一団地等に暮らすと家賃が一定期間安くなる『近居促進制度』という制度も取り入れています。
その他、近隣の複数大学と連携して団地再生・まちづくりを実践していたりと、様々な活動が盛んに行われています。
また、環境としても抜群で、南側に芝生があり、日当たりもよく心地よいエリアが多いです。ベランダからの眺めは格別ですよ。部屋の間取りも、キッチンが南側に来るように設計されており、心地よくお料理づくりを楽しめます。」

都心までのアクセスも良い一方で、都会の喧騒からは少し離れた緑豊かな環境にある武里団地。都心に通いながらも落ち着いた暮らしを求めている方にはぴったりの場所かもしれません。

リノベーション住戸について

MUJI×UR団地リノベーションプロジェクトが手がけるのは、3Kと3DKの部屋。古い部分をできる限り残し、新たに大きなキッチンを取り入れ、提案していきます。