無印良品 キャンプ場

大切なことに出会う場所

大切なことに出会う場所

無印良品キャンプ場が誕生したのは、1995年のこと。
そのときから変わらないのは、「そのままの自然を、そのまま楽しむ」という思い。
新潟県・津南、岐阜県・南乗鞍、群馬県・カンパーニャ嬬恋の3つのキャンプ場は、
それまでにあったその土地の豊かな自然を守りながらしっかりと今に伝え、
訪れる人が快適かつ安全にアウトドアを楽しむことができる場所として存在しています。

無印良品キャンプ場らしさといえば、自然をもっと深く味わうことができる「アウトドア教室」。
森の中や水辺で思いきりからだを動かしたり、モノをつくったり、料理して食べたりと、
それぞれのキャンプ場の自然環境や特性を生かしたたくさんのプログラムで、
地域の人たちと一緒になってからだ全体で大自然を感じることができます。

しかし私たちが提供したいのは、"自然を楽しむ"ことだけではありません。
最も大切にしたいのは、誰かとともに過ごす、特別な時間。
アウトドアを通して家族と一緒になって笑い、仲間と一緒になって感動する、
このような特別な時間こそが、私たち無印良品キャンプ場が提供するものと捉えています。

無印良品キャンプ場は、豊かな自然に触れながら、
ほんとうに大切なことに気づかせてくれる場所でありたいと考えています。

無印良品キャンプ場の魅力について

ページの先頭へ戻る