みずなすは風が吹いて葉が実にすれるだけで傷がついしまうほど非常に繊細な野菜。「毎日かかさず葉をまびいて、愛情込めて育てています。私の育てたみずなすは水分たっぷりであま~いですよ!」と辻野さんは嬉しそうに語ります。

まぁるくかわいい形。その名のとおり手で絞ると本当に水が出ます。その昔、農家さんののどの渇きを潤すために食べていた、といわれています。

おすすめのぬか漬は、真ん中の果肉部分は生に近い食感が味わえるように仕上げており、泉州の古くから伝わる手法です。

ぬか漬は製造日から1日1日漬かっていきます。
お届け日1日目:浅め
2日目~3日目:中漬かり
4日目~消費期限日:よく漬かっている
お好みでお召し上がりください。

皮がうすく、ジューシーなみずなす漬。包丁でへたを切り落とし、6~8等分に切れ目を入れて手で割いてお召し上がりください。カットタイプは縦に大きく8等分にカットしていますので、がぶりとお召し上がりください。