昭和元年創業の「松尾醸造場」は、約1世紀に渡って「ヤママツ」という愛称で親しまれています。

温暖な日南海岸の気候が、味噌作りにとても重要な菌の発酵にも独特な影響を与えるらしい。

「その地域性もあるんやろうけど、うちの味噌が無添加でも甘口になるのは、塩分が少ないのと、麹の割合が高いからやと思います」。

「大抵の麹は、麦の外に真っ白い菌がついたら奇麗で、美味しくなると言われているっちゃけど、うちの麹は、麦の中まで深く透過するような強い菌を使っているから、より甘口に仕上がるっちゃわ」。

松尾醸造場の歴史ある味わい深く「甘い」味噌は、日南海岸の食卓には欠かせない地元の味。 美味しさの秘密はこの「甘さ」にありそうです。