氷見うどんは氷見の自然の恵みを活かして作られています。気温・湿度などの微妙な変化を見極め、職人の経験を頼りに小麦・塩・水の配合を調整しブレンドした小麦を練り上げ、手作業で細く延ばしていき乾燥させます。

氷見うどんの起源は江戸時代 能登輪島のそうめんが氷見に伝えられたとされています。美濃屋さんは伝統的な手延べうどんの製造を守り続けながら時代に合った商品作りを目指しています。

富山県全体の食べ物に共通することですが、とにかく富山はどこでも「水」がきれいで美味しいです。「美乃氷見うどん」は、製造の中でこの美味しい水が使われています。

手延べの伝統製法で作られた細いのに強いこしと餅のような粘り、独特の弾力と風味、うどんそのものが持つ旨みを堪能していただくためにも、ざるうどん・かけうどんでお召し上がりください。

富山県全体の食べ物に共通することですが、とにかく富山はどこでも「水」がきれいで美味しいです。「美乃氷見うどん」は、製造の中でこの美味しい水が使われています。