うどんづくりはその日の天気をよむことから始まります。生地を練り上げる際の塩の濃度、水の量、麵を延ばすのに使う椿油の量。すべてはその日の天気・温度・湿度に応じて素材との対話の中で細かく調整されています。

手延製法でゆっくり細く延ばされる麺はじっくり熟成され、もっちりとした独特のコシが生まれます。混合・撹拌、圧延(熟成)等、10を超える工程は統一された伝統製法を守り、確かな品質基準の下、つくられます。

原料の小麦粉は厳選した国産の北海道・福岡・佐賀産の小麦粉をブレンドした独自のものです。

美しい海に囲まれた上五島の地でミネラル豊富な塩はつくられています。平釜炊きでつくられたものと、完全天日塩を使用しています。

使用する油は上五島に自生している藪椿の実を搾ってつくられた食用の椿油を100%使用しています。オレイン酸を豊富に含み、麵の風味を保つ効果もあります。

通常の五島うどんは2日工程ですが、乾燥時間を1日多くした3日工程で、じっくり・ゆっくり乾燥と引き延ばしと熟成(ねかし)を繰り返し麺を引き締め、伸びにくく、モチモチ感とコシのある麺に仕上げました。