• 開発途上国の給食支援

募金券「開発途上国の給食支援」
10円券

TABLE FOR TWO

TABLE FOR TWOの「途上国の給食支援」に寄付をすることができます。

  • ※一度に寄付できる口数は100口までです。
  • ※他の商品といっしょに決済することはできません。
  • ※寄付のキャンセル/寄付先の変更はできません。
1口10
種類
1口10
1口100
  1. 募金券

TABLE FOR TWOについて

無印良品とTABLE FOR TWO

「素の食はおいしい。」をコンセプトに、旬の食材を豊富に使ったカラダにやさしいメニューを提供しているCafé&Meal MUJI。2013年に実施したTABLE FOR TWOと良品計画社員との対談で、Café&Meal MUJIの担当者はTABLE FOR TWOの理念や活動に深く共感し、2014年よりTABLE FOR TWOとの取り組みをスタートさせました。

TABLE FOR TWOとの取り組み

全国のCafé&Meal MUJIにて、TABLE FOR TWOが展開する「TABLE FOR TWOプログラム」を導入。対象メニューに20円を追加してお支払いいただくことで、その20円が、TABLE FOR TWOに寄付されます。皆さまからいただいた寄付金は、TABLE FOR TWOを通じて開発途上国の給食に生まれ変わります。

肥満と飢餓を同時に解消する仕組み

先進国に住む私たちがヘルシーメニューを食べると、開発途上国に給食が届く。この画期的な仕組み「TABLE FOR TWOプログラム」に賛同する参加企業・団体数は約700に上り、世界8カ国に5,110万食の給食を提供してきました。

給食が就学率向上に貢献

教育は貧困解決の重要な要素です。給食は子どもたちのお腹を満たすだけでなく、学校に通わせるための呼び水になります。2010年に支援を始めたルワンダのバンダ村では、50~60%だった卒業率が、給食支援開始後100%になりました。

カロリーオフで菜園支援

カロリーを抑えた食事をとったり、運動でカロリーを消費したりすると、それが寄付金となって開発途上国の農業支援に充てられます。この「カロリーオフセットプログラム」により、2017年現在、フィリピンやアフリカなどで143の農園が設置されました。

世界が食について考えるきっかけを

SNSを活用した「おにぎりアクション」、ヘルシーな和食と食育をかけあわせた「和食育プログラム」など、さまざまな仕組みで、世界中が食について考えるきっかけをつくっています。

寄付対象商品

Café&Meal MUJIで提供する「選べるデリ3品」「選べるデリ4品」に20円を追加してお支払いいただくことで、その20円がTABLE FOR TWOを通じて開発途上国の学校給食1食分に生まれ変わります。

ご利用ガイド

お支払い方法

クレジットカード、MUJIショッピングポイント、MUJI GIFT CARDでのお支払いが可能です。

変更・キャンセル

寄付のキャンセル/寄付先の変更はできません。

税金控除

税金控除の証明書はお出しできません。
ご了承ください。