• 絶滅の恐れがある生きものの保護活動支援

募金券「絶滅の恐れがある生きものの保護活動支援」
10円券

IUCN-J(国際自然保護連合日本委員会)

IUCN-J(国際自然保護連合日本委員会)の絶滅の恐れがある生きものの保護活動支援に寄付をすることができます。

  • ※一度に寄付できる口数は100口までです。
  • ※他の商品といっしょに決済することはできません。
  • ※寄付のキャンセル/寄付先の変更はできません。
1口10
種類
1口10
1口100
  1. 募金券

IUCN-J(国際自然保護連合日本委員会)について

無印良品とIUCN-J

無印良品キャンプ場でみられる動物・昆虫のイラストをプリントした「プリントTシャツ」。2016年、無印良品はそこに絶滅の恐れがある生きものをシリーズに加えました。
きっかけは、2014年に中国限定で発売したプリントTシャツにおいて、中国現地スタッフからの提案で絶滅危惧種であるジャイアントパンダを展開したこと。私たちがテレビや動物園などで目にするジャイアントパンダやアジアゾウなどの身近な動物たちも絶滅危惧種であることは、あまり知られていません。「『商い』を通じて社会に貢献する」という良品計画のテーマのもと、私たちにできることはなんだろう。そんな思いから、絶滅危惧種をまとめた「レッドリスト」を作成するIUCNの国内委員会であるIUCN-Jにご協力いただき、この取り組みがスタートしました。

IUCN-Jとの取り組み

絶滅の恐れがある生きものたちをプリントした「プリントTシャツ」。無印良品は売上の一部をIUCN-Jに寄付しています。Tシャツを着ることで、モチーフとなる生きものの保護活動につながると同時に、生きものたちの置かれている状況に興味を抱くきっかけとなることを期待しています。

生物多様性の恵みが私たちの生活を支えている

生命と、生命を育む場の多様さ。そしてそれらの多彩なつながり。それが生物多様性です。私たちが豊かに生きるために欠かせない衣食住・医療・文化、そして産業や科学も、すべて生物多様性に支えられています。IUCNの活動の中心は、この生物多様性を守ることです。

失われていく生きものたち

現在、世界で約24,000種以上の野生生物が絶滅の危機に瀕しています。コアラやトナカイ、サイ、キリンなど、身近な生きものたちも実はもう絶滅危惧種。IUCNでは、動植物が絶滅にあるかどうかをまとめた「IUCNレッドリスト」を作成しています。

人と生きものが一緒に暮らせる社会へ

人と生きものが一緒に暮らせる社会の実現を目指し、IUCN-Jは「にじゅうまるプロジェクト」をはじめとした、生物多様性を守るための啓発活動や仕組みづくりを行っています。

今、私たちにできること

自然に触れ、近くで採れた季節のものを食べ、生きものにやさしい商品を選ぶ。自然保護活動に参加し、人に伝える。人と自然のかかわりを増やすことが、生きものと私たちを守ることにつながります。

無印良品が行っている支援

無印良品は、絶滅の恐れがある生きものたちをプリントした「プリントTシャツ」の売上の一部を、生物多様性保全や自然環境保護に向けた取り組みを行うIUCN-Jに寄付しています。

ご利用ガイド

お支払い方法

クレジットカード、MUJIショッピングポイント、MUJI GIFT CARDでのお支払いが可能です。

変更・キャンセル

寄付のキャンセル/寄付先の変更はできません。

税金控除

税金控除の証明書はお出しできません。
ご了承ください。