おいしいごはん土釜おこげ、波佐見焼

忙しい朝こそ、おいしいごはんを。火加減の調整をすることなく、短い時間でおこげ付きのごはんが炊ける土釜や波佐見焼の食器が揃いました。

直火で手軽に炊飯ができます。火加減を途中で調節することなく、約17分でおこげ付のおいしいご飯が炊けます。

毎日の暮らしに使える庶民の器を古くから作ってきた波佐見町。江戸時代に商人たちが船上で使用したくらわんか飯椀や、お茶を入れたりデザートを盛ったりもできる蕎麦猪口など、用途に合わせてお選びいただけます。

◎器の種類
くらわんか飯椀、蕎麦猪口、豆皿、角皿、長角皿

◎柄の種類
十草柄、細縞柄、太縞柄、菊割柄

白磁のシンプルな器の色は、どんな料理もひきたてます。透明度の高い天草陶石を砕いて練り上げた土を使い、日本伝統の技を生かして仕上げました。

木目が美しく、家具の素材としても使用されるタモ材を使ったお盆です。用途によって、サイズを選べます。

麻をつかったキッチンクロスです。大判のため、食器を拭くのに便利な大きさです。引っかけて保管できるようにひもをつけています。