家族で使えるこども食器

小さな手に持ちやすく、しまいやすく、かつ、大きくなっても長く使い続けられる、愛用の器。そんな、普遍的で機能的なかたちをテーマに、こども用の食器をつくりました。

こども食器シリーズ

こどもが自分で食べやすいよう、持ちやすく、すくいやすいかたちの器をつくりました。

素材はよくあるプラスチック製ではなく、器のあたたかみを感じられる磁器を選択。また、おとなも含めた家族全員で長く愛用できるよう、使い道を限定しない普遍的なデザインに仕上げました。同時に、入れ子にしたり、重ねて収納できる機能性も備えています。

まとめ買いなら、いつでも5%OFF

開発こぼれ話

そばちょこやネパールの僧侶が使う椀など、長く使われてきた器の普遍的かつ機能的なかたちをお手本にしました。

スマイルを連想させる仕切皿のカーブは、試行錯誤の末、今のかたちに決定。

開発をサポートしたのは、岐阜県多治見の窯元さん。サンプル制作時の難しい注文にも、頼もしく応えてくれました。

おとなも、こどもも

スマイルを思わせるかたちの仕切皿は、さまざまなメニューを一枚に盛りつけるワンプレートごはんにもおすすめです。仕切皿のくぼみにぴったりおさまる、磁器皿・小と組み合わせて、こどもはもちろん、おとなの献立も、自由自在に盛りつけましょう。

盛りつけ例

  • こどもには、笑顔いっぱいのお子さまランチ。

  • おとなには、和の総菜を盛り合わせて、お宿の朝食風に。

  • パーティーなら、一口サイズのスイーツを盛り合わせて。

こども用カトラリー

おとな用カトラリー