ワークショップをしてみませんか?

紙管こどもイスって何?

再生紙でできた角紙管を材料に使った、こども用のイスです。
親子で協力しながら組み立ててつくります。
商品パッケージは、裏返して、イスのカバーとして活用できるため、ほとんどゴミが出ません。
できあがったイスは、こどもが自由に絵を描いて自分のオリジナルのイスに仕上げることができます。
イスとしての機能はもちろんですが、親子で組み立てる過程を通して、5つの体験が出来ます。

【5つの体験】

  • 1 発見−リサイクルしよう
  • 2 協力−力をあわせよう
  • 3 創造−イメージをふくらまそう
  • 4 心−大事に使おう
  • 5 記憶−わたしの思い出

無印良品は10年前から紙管を扱っていました

当時から5年ほどで店頭からいったん姿を消しましたが、昨年から仕様をかえてあらたに発売することになりました。
親子がいっしょに組み立てる過程で、こどもの創造力を育むツールとなります。

紙管ができるまで

ワークショップをしてみませんか?

昨年の11月にスタートし、全国各地の無印良品の店頭でもワークショップを開催することになり、現在では累計で1,554組の親子が参加したことになります。
幼稚園や保育園の卒園イベントでご利用いただいたり、アートイベントや、美術館、コミュニティなど、手作りやコミュニケーションに積極的な団体などにも、アプローチしていきます。
その輪は国内に限らず、アメリカや台湾、香港にも広がって、これからさらに広がってゆく兆しがみえます。

これまで開催したワークショップのご紹介

【東京都(亀戸)】 無印良品 アトレ亀戸 ワークショップ 「おやこでつくろう!紙管こどもイス」 2011年11月

【米国(ニューヨーク・アッパーイーストサイド)】 DIY Child Chair Workshop @ Cooper Hewitt National Design Museum in Upper East Side, New York City 2010年11月

【米国(ニューヨーク・ソーホー)】 DIY Child Chair Workshop @Children Museum of the Arts in SOHO, New York City 2010年11月

【台湾(台北・微風門市)】 無印良品「DIY角紙管兒童椅工作坊」会場 10月

【群馬県(嬬恋村)】 無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場「ソトデナニスル?2010」会場 2010年8月

アーティスト作品をご紹介する展示会も開催しました

「クリエーター50人からの贈りもの展」クリエーターからこどもたちへの「お手本」となる作品を展示しました。
2011年11月 香港 Business of Design Week「DETOUR」
2010年9月 兵庫県神戸 神戸BAL「BAL gallery 33」
2010年8月 東京都丸の内 無印良品有楽町「ATELIER MUJI 」

先生向けワークショップ

【開催内容】

6回目:
2012年1月13日(金)18:30〜19:40(終了しました)
東京会場/MUJI銀座松坂屋 定員:5名
5回目:
2011年12月2日(金)18:30〜19:40(終了しました)
東京会場/MUJI銀座松坂屋 定員:5名
4回目:
2011年3月4日(金)18:30〜19:40(終了しました)
東京会場/MUJI銀座松坂屋 定員:5名
3回目:
2011年1月29日(土)10:30〜11:40(終了しました)
名古屋会場/無印良品 栄スカイル 定員:5名
2回目:
2011年1月28日(金)18:30〜19:40(終了しました)
大阪会場/無印良品 難波 定員:10名
1回目:
2011年1月21日(金)18:30〜19:40(終了しました)
東京会場/MUJI銀座松坂屋 定員:5名
参加対象:
紙管こどもイスワークショップの実施・運営に興味のある団体所属の方
(会場スペースの関係で各団体様 代表者1名様での参加でお願いいたします)
参加費:
無料(※会場までの交通費は、各自ご負担ください)
ご準備いただくもの:
特にございません。
はさみなど必要な備品はこちらで準備いたします。
実際にはさみ・ボンドを使ってイスを組み立てていただきます。
作業しやすい服装でご参加ください。
お問い合わせ:
事務局メール rkkodomo@muji.co.jp