MUJI INFILL 0「横浜若葉台団地 #01」 MUJI INFILL 0「横浜若葉台団地 #01」 MUJI INFILL 0「横浜若葉台団地 #01」

「暮らしの原点」をつくるリノベーション

MUJI INFILL 0」施工済物件は、無印良品の家「木の家」や「窓の家」と同じく、長い廊下や無駄なスペースが少ない一室空間。広々と気持ちよく、限られたスペースを最大限使うことができます。
表面だけ新しくするのではなく、躯体・サッシ・共用配管を残して取り除いた「スケルトン」の状態にし、目に見えない部分を大切にしています。そこから、光の入り方や風の通り方など住まいとしての基礎的な性能を確認して「暮らしの原点」を丁寧につくっています。
新築ではない、新たな選択肢として再価値づけをして販売しています。

横浜若葉台団地 #01

神奈川県横浜市旭区 / 82.22m² / 1982年築
2020年7月 リノベーション完成
2,580万円

団地は一つの街ともいわれます。
若葉台まちづくりセンターが管理する、総戸数6,300戸、約14,000人が住む「横浜若葉台団地」も、敷地内に保育園、病院、公園、ショッピングタウンなどがあり、子育て家族を応援するウェブマガジン「若葉だい家族」の発信など住民によるコミュニティも形成。子どもにも優しい環境が整えられています。それは、まるで団地全体が一つの大きな家族のような印象。その中心エリアに近い棟の一室をフルリノベーション。ライフスタイルの変化に合わせて間取りを変えられるシンプルな部屋は、これから先、長く続く暮らしへの期待や楽しみが詰まっています。

ローンの目安 69,570円/月
管理費 8,150円/月
修繕積立金 11,650円/月

※ローンの目安は、頭金ゼロ、借入期間35年間、都市銀行・変動金利(0.725%・優遇後)を想定しています。
審査内容により、融資の一部、または全部をご利用いただけない場合がございます。予めご了承ください。

9月26日(土)リノベーション物件購入を検討されている方向けの販売内覧会を開催します(予約制)。

日当たり、風通し抜群。間取り自由なフリースタイル

部屋は2階の角。東と南にバルコニーがあり、北側にも窓があるため三面から光が入り、風も気持ちよく通ります。また、どの窓からも緑の木々が眺められ、目の前には桜の木があるため、部屋の中から花見をするという贅沢な体験も。

リノベーション物件について

部屋はほぼ正方形でシンプルな構造。床はフローリングで、コンクリートむき出しの天井がポイントになっています。扉は引き戸中心とし、開け放せば空間を広く使える造りに。大型家具で間仕切ることで、部屋数の増減も自由自在。家族の人数の変化に応じて、フレキシブルに使いこなすことができます。さらには古い物件にありがちな寒さ対策も万全。床下、壁に断熱材を入れ、窓を2重にすることで、冬の冷気から部屋を守ってくれます。

エントランスには現代の土間ともいえるスペースがあり、ベビーカーやゴルフバッグ、自転車などをすっきり置くことができます。無印良品のユニットシェルフを置けば、靴の収納はもちろん、アートやオブジェを飾ってギャラリースペースにするなど、自由な発想で活用いただけます。

エントランスから廊下を通り、まっすぐに入ったリビングダイニングは40㎡強と広々。リビングとダイニングの間に壁はありませんが、家具の転倒防止補助器具の設置ができる、吊り棚にもなる小天井があり、ゆるやかな仕切りになっています。吊り棚にはお気に入りのレコードや子どもの工作を置くなど、楽しい気分になるものをディスプレイしたくなります。

ダイニングに接する、どこからでも出入りできる引き戸をあけると約25㎡のプライベート空間に。大型家具を使って寝室とウォーキングクローゼット、子ども部屋と主寝室などに分けるほか、テレワークのための書斎をつくったり、ホビールームを設けるなど、それぞれのライフスタイルに合わせて、自分たち独自の間取りに変えることができます。

オリジナルのキッチンは、シンクとガスレンジが向かい合わせに設置され、スムーズな調理の手助けをしてくれます。最小限の動きで料理ができるので、忙しい朝でも慌てることなく朝食の準備ができそうです。シンクがついたカウンターは、ちょっとした食事ができるスペースも。友達が来たときもキッチンを囲んでのおしゃべりが弾みそうです。

バスルームやトイレは清潔感のある白で統一。さらに、洗面室手前の明るい窓際には洗濯ものを室内干しできるユーティリティスペースとすることができ、忙しい日々の家事のストレスを軽減してくれます。

壁や引き戸は白の塗装に。汚れても壁紙を剥がして貼ってという作業がなく、塗り直すだけでメンテナンス完了です。また、壁の一部や子ども部屋を好きな色に塗り変えるなど、アイデア次第でオリジナルな空間がつくれます。DIYでもできるので、家族みんなでペインティングするのも楽しそう。

広い一室に、壁のようにみえる引き戸を一直線に配して、リビングといった家族の共有スペースと寝室などのプライベートスペースに分けています。2つの大きな空間をさらに収納家具などで仕切れば、パーティションだけでなく、ストレージも確保。部屋を機能的に使うことができます。

間取り

間取り

若葉台団地の住棟は団地では珍しく14階建の高層棟で、団地で多い壁式構造ではないラーメン構造のため空間を広く一室空間とすることが可能でした。実際、元の間取りは4LDKと細かく部屋に分かれていましたが、スケルトン解体を行うことで全く間仕切り壁のない一室空間となりました。

プランの特徴は、この広い一室空間(約82平米)に壁のように建具(引戸)を一直線に設置し、家族の共有スペースとプライベートスペースを明確に仕切ったところです。これまでINFILL0では家具で間仕切って間取りを自由に変化させるプランを多く提案してきましたが、そこに壁のような建具(引戸)を設置することで、家具で自由に間取りを変化させながら共有スペースとプライベートスペースは明確に間仕切れる機能を加えました。

間取り

また壁のような建具は全て引戸なので、プライベートスペースを家具で自由に間仕切った際に、どこからでも出入りすることができます。なので、プライベートスペースを3寝室としても(Afetr_1参照)、2寝室+ウォークインクローゼットとしても(Afetr_2参照)どこからでも出入りができます。
引戸を片方に寄せるとLDKの延長としてさらに空間を広く使用することも可能です。

プラン例として、Afetr_1の間取りでは、3寝室のプライベートスペースと広いLDKの共有スペースとしました。共有スペースだけでも40平米強あるのでLDKの他に洗面室の手前に、窓際の明るいユーティリティや室内干しスペースを設置しました。それでもまだまだ広く使用することができます。

Afetr_2の間取りでは、共有スペースを小天井(天井から吊るした棚板。転倒防止の補助器具の設置を行える)を利用して南面を家具で間仕切り、ストレージや室内干しスペースに加え、寝室やゲストルームとして使えるタタミコーナーを設置しました。それでもLDK空間はきちんと確保できるので、本当に広い一室空間はその活用方法が無限に広がっていきます。

このように団地特有の長所を生かした広い一室空間で気になるのが暑い寒いの温熱環境ですが、これでけの広い一室空間を成り立たせるのは、やはりINFILL0の高性能な断熱仕様があるからです。
広い一室空間の無限の可能性と高性能な温熱環境の中で、緑豊かな環境に囲まれて暮らしてみるのはいかがでしょうか。

※図面中(写真)の家具は、イメージです。付属する家具は、物件内覧時に存在するものです。新品との交換はいたしません。

リノベーション済物件を購入されたお客様の声

渋谷や横浜へのアクセス良好、複数の駅が利用できます

「青葉台」「長津田」「十日市場」「三ツ境」「鶴ヶ峰」の5つの駅を利用可能。どの駅へも「若葉台中央バスターミナル」からバスで10〜25分。7、8時台の朝の通勤時には合計150本以上のバスが運行し、始発なので座れる可能性もあり。

東急田園都市線「青葉台」駅より
「渋谷」駅へ直通24分
JR横浜線「十日市場」駅より
「町田」駅へ直通10分
「横浜」駅へ23分
JR横浜線、東急田園都市線「長津田」駅より
「渋谷」駅へ直通28分
「横浜」駅へ27分
相鉄本線「三ツ境」駅より
横浜」駅へ直通16分
相鉄本線「鶴ヶ峰」駅より
「横浜」駅へ直通9分

※掲載の所要時間は通勤時の目安であり、時間帯により多少異なります。

日常の買い物は散歩をしながら

「若葉台中央バスターミナル」からすぐの中心エリアにはショッピングタウンがあり、日常の買い物はほぼそこでまかなうことができます。スーパーのほか、コンビニエンスストア、青果店、総菜店、ファーストフード店やブティック、リサイクルショップ、ドラッグストア、美容室などが集まり、午前中や夕方はたくさんの買い物客で活気づいています。敷地内は無料のコミュニティバス「わかば号」が運行しているので、どこへ行くのにも便利。物件は、中心エリアから徒歩4分ほどに位置しています。

通園通学も敷地内で安心

保育園 徒歩5分

幼稚園 徒歩8分

小学校 徒歩6分

中学校 徒歩5分

保育園から幼稚園、小中学校まで敷地内にあります。車道と歩道が分離されているので、安全に子どもを通わせられるのも大きなメリット。また、子どもたちだけでなく、高齢者のケア施設もあるので、どの世代でも安心・安全に過ごすことができます。

四季のイベントも盛りだくさん、頼れる環境が身近に

春の道路沿い

花火大会

まちづくりセンター 徒歩8分

子育て支援施設 徒歩8分

1月のマラソン大会に始まり、桜まつり、花火大会、若葉台大運動会、歳末もちつき大会など、ほぼ毎月、開催される住民参加自由のイベントのほか、住民による自発的なコミュニティ活動も豊富。一時預かりも行っている子育て支援施設もあり、孤独になりがちな子育てを応援してくれます。ほかにも敷地内のスポーツクラブや地区センター、カルチャースクールで様々なプログラムが開講。一歩、部屋を出るだけでいろいろな可能性が広がります。

担当者より

最寄駅へはバス便となります。「青葉台」駅まで18分、「長津田」駅まで13分、「鶴ヶ峰」駅まで25分程度かかりますが、本数が充実しているので事前に時間を確認しておけばスムーズに出かけることができます。
駅からの距離がある分、自然環境がとても良いです。東京ドーム19個分の団地の敷地内には、自然林を生かした大きな公園が4つ隣接しています。高低差もあるため、森のなかに住んでいるような雰囲気も。桜をはじめとした樹木に囲まれ、季節の変化を感じることができます。小鳥のさえずりを身近に感じられるのもこの土地ならでは。樹木が茂る公園があり、子供を遊ばせたり敷地内の散歩を日課にしたくなるほど、自然にあふれています。
また、団地中心部には、ショッピングタウンがあるため、団地内で欲しいものを揃えることができます。 普段の買い物などは困らないでしょう。
コミュニティも活発です。ショッピングタウンにはベンチがおかれているため、住民の方が自然と集まり、和やかなコミュニケーションの場にもなっています。もちつき大会や桜祭りなど季節を感じるイベントも盛んにおこなわれており、一大イベントでもある夏祭りでは、2,000発以上の花火が次々と打ち上げられます。費用のほとんどは住民からの募金によって賄われており、子供から大人まで、住民が一丸となり楽しんでいます。
自然環境やコミュニティを大切にしたいファミリーにお勧めの物件です。気になった方は、是非ご覧ください。

物件詳細

 
所在地 神奈川県横浜市旭区若葉台
交通 JR横浜線 / 十日市場駅 バス13分 若葉台中央下車 徒歩5分
東急田園都市線 / 青葉台駅 バス18分 若葉台中央下車 徒歩5分
価格 2,580万円
管理費 8,150円
修繕積立金 11,650円
面積 82.22m²
バルコニー 13.55m²
構造 鉄骨鉄筋コンクリート造
築年数 1982年
改築年 2020年
階層 14階建て2階部分
総戸数 54戸
現況 空室
引渡 即可
権利 所有権
管理方式 一部委託
管理会社 一般財団法人 若葉台まちづくりセンター
その他 組合費 200円/月
自治会費 300円/月
駐車場空きあり 8,800円~12,100円/月
※詳細は若葉台まちづくりセンター担当者までご確認ください
取引会社 一般財団法人 若葉台まちづくりセンター
住所 神奈川県横浜市旭区若葉台三丁目5番2号
電話番号 045-921-3361
免許番号 神奈川県知事(10)第13302号
取引態様 仲介
更新日 2020年9月24日
次回更新予定 2020年10月8日