温熱性能

1. 高い性能を発揮する断熱材
既存の断熱材の内側に高性能断熱材を取り付けます。
高い断熱性能を発揮するためには、外壁に取り付ける断熱材の性能が重要です。世界トップクラスの性能をもつ高性能フェノールフォーム断熱材によって高い断熱性能を確保しました。高性能の断熱材を使用することで、壁を薄くすることが可能になり、居住空間を広くとることができます。

2. 既存窓+ペアガラスインナーサッシによる「トリプルガラス」
既存の窓の内側にペアガラスの樹脂製インナーサッシを設けます。
住宅の断熱における窓の役割は、非常に重要です。冬は約50%の熱が逃げていき、夏は約70%の熱が窓から侵入してくるといわれています。
一般的に窓は、熱伝導率が高い素材であるガラス、アルミで構成されています。このため、窓を2重構造にし、窓間に空気層を設けて熱伝導を絶つことが有効です。また、窓の隙間からも熱が出入りするため、開閉性に配慮しながら、気密性を高める必要があります。
このインナーサッシは、弾性をもたせた上部の枠、クレセントなしで気密性のとれる構造の引違中央部、丘戸車式レール、スプリング式のスライドピースなど、断熱効果を究極まで高めるために独創的な構造と加工技術および素材を採用。アルミサッシ+木製ガラス戸の3倍もの気密性を実現させつつ、軽くスムーズな開閉を両立させています。
例えば、単板ガラスのアルミサッシ窓にこのインナーサッシを取り付けて2重窓にした場合、ひと冬に窓を通して失うエネルギー量を灯油換算で1/3に抑制(※北海道大学調べ)できるなど、飛躍的に冷暖房効率を高めることができます。

簡素簡潔な素材

新築にはない魅力を生かす素材をそろえました。

必要最小限の機能をもったオリジナル設備

リノベーションに適したオリジナルの設備をそろえました。