WHERE to GO 015:Ireland & United Kingdom / Mariko Mikuni ニットの歴史をたどる、編みものの旅

編みもの作家の三國万里子さんが、ニットの歴史をたどりイギリスとアイルランドへ。
大きなリュックに少しの荷物。道具選びのポイントと、持ち帰ったエピソードを伺いました。

01 リュック

お土産をたくさん持って帰るために、スーツケースとは別に持っていく大容量のリュックです。古着屋さんで購入しました。

02 腹巻き

私がデザインした腹巻きです。エジンバラ動物園を歩き回った時、思ったよりも寒かったのですが、この腹巻きのおかげで冷えずに済みました。編みものの伝統柄ですが、ふつうに使われるのをいやがって、勝手に一人歩きしちゃった(?)ような、デザインです。

03 旅の本

旅に持っていく本は、訪れる土地にちなんだものを選びます。友人に紹介してもらい立ち寄ったロンドンの本屋では、ガンジーセーターの歴史と編み方を紹介する古い本を見つけました。

04 アランニットのセーター

昨年の冬に古着で購入しました。工夫された編み方と、細めの糸を使っているので、たっぷりしているわりに軽いところが気に入っています。ハンドニットにはそれを編んだ「人」が出るので、気が合うかとか、尊敬しちゃうとか、笑わせてくれるとか、そんなところがニット選びのポイントになっているかもしれません。

05 途中の編みもの

今回訪れた5月のシェットランド諸島は、夏の開花を待つヘザーの緑が島一面に広がります。その美しい景色をモチーフに現地で毛糸を選び、柄を作っていきました。

06 編みもの道具

編みもの道具は必要なものだけを持っていきます。長時間の飛行機の移動では、編みかけの仕事を。竹製の編み針は鉄製のものよりも比較的、空港の手荷物検査に引っかからない気がします。

07 シェットランドウールのショール

イギリス全土から手作りの品々が集まるエジンバラのチャリティーショップ、トレジャー・トローブで購入したショール。とても繊細なレースなのにお手頃な価格で、申し訳ないほどでした。他にもクオリティーの高いニットがたくさんありました。ショッピングバッグも可愛くて、大切にとってあります。

08 お菓子入れ

まるくてかわいい猫のポーチには、小分けしたシリアルやグラノーラを入れておいたりします。ロンドンで見つけた飴をお土産に。

09 ショルダーバッグ

古着屋さんで見つけた新聞配達用のショルダーバッグです。ショルダー部分には安全のための反射板がついています。出し入れしやすく、とにかくたくさん入るので、お土産を買ったら、どさどさと入れていきます。

10 ミックスナッツ

機内でのちょっとしたおやつに、少しでもお腹の足しになるものを持参していきます。ミックスナッツやドライフルーツなどは保存しやすく旅のお供にもぴったりです。(写真)素のままミックスナッツ/税込315円

11 デザイン用のノート

表紙が厚紙で、テーブルがなくても書きやすいノートは、乗り物を待つ間に、旅のメモを書いたりします。「海から水蒸気がわき上がって雲になるように、土地がその固有の植物を育むように、セーターという夢は、そこに暮らす人のある心持ちのようなものが種になって育まれるのではないか。」(今回の旅のノートより)

12 地図

現地で見つけたシェットランド諸島の地図です。フェア・アイル柄の生まれたシェットランド諸島のフェア島は、人口70人ほどの小さな島。島民の足でもある7人乗りのプロペラ機で向かいます。機内からは美しい島々の連なりを眺めることができました。

イギリスとアイルランド周辺の島々は、漁師の仕事着としてアランニットやガンジーセーターが生まれた、ニットの原点の土地です。

各地の博物館やミュージアムでは、初期のフェア・アイルなど古いニットの実物をみることができました。

ガンジー島を訪れ、現地のロブスター漁師さんに話を伺うと、意外にも多くの人が持っているのは毎日着る仕事用とよそ行き用の2枚だけ。ボロボロになった仕事用のセーターの臭いをどうしても嗅ぎたくて、漁師のおじさんにお願いしましたが、残念ながらシャイなおじさんは恥ずかしがって持ってきてくれませんでした。今でもセーターは彼らのユニフォームなのです。

三國万里子 みくに まりこ
ハンドニットデザイナー。子供の頃に祖母から編み針の持ち方を教わったのがきっかけで、編みものを友とするようになる。和洋の編みもの本が、昔も今も先生。『編みものこもの』、『編みものともだち』など著書多数(いずれも文化出版局)。文化学園オープンカレッジにて講師を務める。『気仙沼ニッティング』デザイナー。11月に文化出版局より新刊発売。イギリスとアイルランドの編みものを取材した紀行エッセーと、作品10点掲載の、もりだくさんな内容。

INDEX