WHERE to GO

旅は荷づくりからはじまります。
あの場所に行くなら、これを持って行きたい。
あの人に会うから、こんなお土産を持って行こう。
旅に持っていくものと、とっておきの思い出。
WHERE to GOはあなたの旅を教えてもらうプロジェクトです。

015:IRELAND &
UNITED KINGDOM

MARIKO MIKUNI

ニットの歴史をたどる、編みものの旅

014:LATIN AMERICA

PADDLERS COFFEE

コーヒーの原点に出会う、中南米の旅

013:PARIS, FRANCE

YUKO WATANABE

旬の食材を抱えパリを歩く、料理家の旅

012:EURASIAN
CONTINENT CROSSING

KYODOGASHI-KENKYUSHA

世界の郷土菓子を追い求めてお菓子作りの道具を自転車に積み
ユーラシア大陸を横断中

011:MANHATTAN

AYAKO KUROKAWA

距離は近くても、日常から遠くはなれた別世界へ
夫婦で出かけるショートトリップに持っていくもの

010:HELSINKI

ima

ヘルシンキの人々と仕事とおしゃべり。
防寒具と仕事道具を詰め込んだデザイナーの旅支度

009:GREENLAND,
ROVAIEMI, NEW YORK

DAISUKE TAKAHASHI

サンタクロースを追い求めて。物語を旅する探検家の、選び抜かれた旅の道具

008:TIMOR LESTE

TOSHIHIRO NAKAMURA

発展途上国へテクノロジーを届ける、継続的なプロジェクトの旅

007:NAGASAKI

BAS VALCKX

思い出の地、長崎へ赴くビジネス旅行のバッグ

006:HOLLAND

LULLATONE

子どもと共にオランダをライブツアー。音楽を楽しむ家族の旅行バッグ

005:IWAMIGINZAN

TUPERA TUPERA

道具をオリジナルバッグに詰めて、家族4人で行くワークショップの旅

004:KITAYATSUGATAKE

KIKI

思い入れのある道具をバックパックに詰め込んで、北八ヶ岳に会いに行く

003:YAKUSHIMA

AKIRA NATSUME

研究を重ねた自作のバックパックに詰め込んだ、軽量かつ万能な山登り道具

002:NEW YORK

TAKAHIRO SHIBATA

東京からNYへ、生活をコンパクトに詰め込んだ編集者のバッグ

001:NEW YORK

YUKI MATSUO

世界中を食べ歩く、食いしん坊スタイリストの旅の道具

MUJI to GO KITTE丸の内 で展示中

WHERE to GO 015:
Ireland & United Kingdom. by Mariko Mikuni ニットの歴史をたどる、編みものの旅 2014年10月24日(金)~11月27日(木)
※終了しました

「MUJI to GO」は無印良品の7,000以上の商品から、「移動」や「旅」で活用されるモノを厳選したショップです。
「MUJI to GO KITTE丸の内」は、MUJI to GOの国際旗艦店として、単なる物販だけではなく、旅にまつわる情報発信の場を目指しています。
毎月各国、各分野から人選し、持ち物を軸に「その人の、その旅」を表現するプロジェクトを「WHERE to GO」と銘打ち、店内に設置したTableの上で表現します。
何度足を運んでいただいても、ワクワク感を与えてくれるお店となっております。
スタッフ一同、皆さまのご来店をお待ちしております。

MUJI to GO KITTE丸の内 地図
mujitogo

MUJI to GO KITTE丸の内
東京都千代田区丸の内2-7-2 JPタワー 3F
TEL: 03-5220-3120