長く愛せる道具

おもてなしのはじまりは、美しい「しつらえ」から。普段から長く愛せる器や道具を選んでおけば、来客の際にも安心。例えば、ケメックスのコーヒーメーカー。定番には、それだけの理由があります。

角のないテーブル

空間をやさしい印象にしてくれるラウンドテーブル。大勢で囲める、コミュニケーションを円滑にしてくれるなど、機能的なメリットもたくさん。万が一、こどもがぶつかっても、角がないから安心です。

保存ビンの活用術

新鮮なフルーツを使って手づくりのジャムやジュース、自家製の果実酒をつくり置きしておくのに、とっても便利な保存ビン。中身が見えるから、食べ頃も一目瞭然。美しく収納できるのも魅力的です。

いっしょにつくる

描いたり、貼ったり、組み立てたり。親子はもちろん、友達といっしょに自由につくって遊べるおもちゃがあれば、こどもたちも自然と笑顔に。こどもたちの感性や想像力を刺激してくれます。

おもちゃの収納法

積み木や絵本など、毎日遊ぶおもちゃの収納には、簡単に片づけられて、目隠しになる収納ボックスが便利。持ち手とキャスターが付いているので、お友だちが来た時もサッと出して遊べます。

最適な湿度を保つ

お子様がいるお部屋にも、超音波加湿器で最適な湿度を保ちましょう。コンパクトなボディは、使う場所やシーンを選ばない優れもの。音も静かなので、寝室にもぴったりです。

木のおもちゃ

こどもの感性を育むと言われる木のおもちゃは、そのやさしい手ざわりやぬくもりも魅力のひとつ。選ぶなら、無塗装のものなど、安全に配慮したものを。万が一、こどもが口に入れても安心です。

思い出の写真

こどもの姿を記録したら、すかさずデジタルフォトフレームへ。ダイニングやリビングなど、家族や友人の集まる場所に飾っておけば、自然と会話も盛り上がるはず。自動で切り替わるのもポイントです。

小さめのソファ

コンパクトな一人掛け用ソファは、こどもがいる家庭でも大活躍。昼間は、こどもたちの遊び場として。夜は大人がゆっくりと読書をする特等席として。場所を取らないのも、人気の理由です。

床に近い家具

重心が低く床に近いテーブルやイスを選ぶと、自然と目線がこどもたちと同じ高さなって、コミュニケーションもスムーズに。また、低い家具には、部屋を広く見せてくれるといううれしい効果も。