ステンレスなのにサビました

ステンレスは「サビない金属」ではなく「サビづらい金属」です。
ステンレスはもともと鉄の仲間で、一般に鉄にクロムとニッケル等が
含まれた合金です。
ステンレスの表面はクロムの働きにより、肉眼では見えない
薄い酸化皮膜に覆われています。
これがサビ防止する役目をしています。この酸化皮膜はキズがついても、
空気に直接触れる事で再生され働きを取り戻します。
しかし、水分、塩分、鉄分、水垢などがついて、空気に触れない状態では
威力が発揮できずサビてしまう事があります。