ウォールナット材について教えてください

ウォールナット材とは?

家具、建材に使用される「ウォールナット」といえば、「ブラックウォールナット」のことを指します。
くるみ科の植物で、家具や床材の他、楽器の素材としても使われています。
ウォールナット材の特徴は、"耐衝撃性に強い"、"木肌が美しい"、"狂いが少ない"、"加工性や接着性に優れている"。
現在も、高級家具や工芸品に使用される特徴を数多く持ちあわせています
適度の油分を含んでいるので、ツヤもあり、人が触れて使い込んでいくことで味のある風合いになっていき経年変化を楽しむことができる素材です。
このウォールナットという材料は、オークに比べ、樹径が小さく表面に近いところは白い為、濃い茶色の部分が限られている事から高級な家具工芸材として、知られています。

分布

ブラックウォールナットの産地は、アメリカ東部及びカナダのオンタリオ州などです。

ウォールナット材シリーズ

表面材にウォールナット材の突板を使用しています。
塗装はウレタン樹脂塗装なのでラッカー塗装よりキズがつきにくいです。
※天然木なので木目、色味に違いはあります。

4549337154445_180.jpg   4549337154414_180.jpg

ウォールナット無垢材シリーズ

塗装は、ウレタン樹脂塗装です。
無垢材なので乾燥による割れや反りが生じることがあります。
エアコンの風が直接あたる場所、直射日光を浴びせ続ける使い方は避けましょう。
濡れたまま長時間放置すると変色の原因になりますので、お手入れは乾いた布、固く絞った布で拭くのがオススメです。

4547315892464_180.jpg

ラッカー塗装とウレタン塗装の違い

・ラッカー塗装:木肌によく馴染み、なめらかな仕上がり。その反面、日光や熱に弱く変色しやすい。
・ウレタン塗装:ラッカーに比べ厚み、艶があり、汚れやキズもつきにくく、熱や水に強い塗装

木目、色目について

ウォールナット材の木目はまっすぐで美しい木目です。
もともと節目や白太の多い木材です。材料ごとの色の濃淡の違いが特に目立ちやすい木材です。
※白太とは樹木の幹を輪切りにすると、外周部は白く、内側は赤みがかっています。
部分的に白味がかった部分を白太といいます。

色目は、温かみのある茶色です。
※天然木なので木目、色味に違いはあります。
ご購入の際は、ご了承の上、ご購入ください。