衣服素材の特長

衣服の商品名は、「素材の種類」「糸の太さ」「織り方」「形状」でつけられています。
主な素材の特長をまとめましたので、商品をお選びになる際の参考にしてください。
商品名の読み方例
素材の種類
素 材特 長・長 所 短 所
綿全般・吸水性、吸湿性、肌ざわりが良い。・水洗いで縮む。
・しわになりやすい。
エジプト綿・ナイル川流域で生産され、光沢があり繊維が細長く強い。
・シャツ等に使用される。
ペルー綿・繊維が比較的長く、糸にした場合撚(よ)り糸を少なくしても強く弾力性がある。
・ソックス等に使用される。
インド綿・インド産綿の総称で、繊維は太く短い。
・ラグ、カバーリング、シャツ等に使用される。
オーガニックコットン・3年間以上無農薬、化学肥料を使用しない土壌で、農薬・化学肥料を使用せず生産された綿花のこと。
・通気性がよく、熱を伝えやすく逃がしやすい (体温を逃がしやすい)。
・吸水性、吸湿性、放湿性に優れている。
・ハリやコシがあって肌に密着しない。
・しわになりやすい。
・縫い目がスリップしやすい。
・繊維がかたくチクチク感がある。
・濡れた状態で摩擦されると毛羽立ちやすい。
シルク・美しい光沢がある。
・吸湿性、放湿性に優れている。
・軽くてあたたかい。
・紫外線に弱く、色褪せしやすい。
・濡れた状態で摩擦されると毛羽立ちやすい。
羊毛(ウール)・軽くて暖かい。
・吸湿性がある。
・しわになりにくい。
・型崩れしにくい。
・燃えにくい。
・水洗いで縮みやすい。
・アルカリに弱い。
・虫やカビの害を受けやすい。
・淡色のものは日光や蛍光灯で黄変しやすい。
カシミヤ・軽くてやわらかく、しなやかな肌ざわり。
・なめらかで光沢がある。
・吸湿性がある。
・毛玉になりやすい。
・摩擦に弱い。
ポリエステル・洗濯しても形くずれしにくく、乾きやすい。
・水洗いで縮みにくい。
・静電気が起きやすい。
・吸水性、吸湿性が低い。
アクリル・軽くて温かい。
・ふっくらと温かい。
・毛玉になりやすい。
・静電気が起きやすい。
ポリウレタン・伸縮性に富んでいる。
・軽い。
・塩素漂白で変色劣化する。
・直射日光に弱い (劣化や変色が生じる)。
レーヨン・吸収性がある。
・特有の光沢がある。
・ドレープ性がある。
・水洗いで縮みやすい。
・摩擦に弱い。
・しわになりやすい。
・水に濡れると強度が低下する。
糸の太さ
番手
紡績糸の太さを表す単位で、一定の太さに対しての長さで表します。綿番手、朝番手、毛番手などがあります。
綿番手は、重さが453.6gで長さが768.1mある糸が1番手です。番手は数字が大きくなるほど細くなります。
太番手:20番手以下のもの
中番手:30番~40番手のもの
細番手:50番手以上のもの
単糸
一本の糸です。(繊維を引き揃えて撚りをかけて作られます。)
やわらかい肌触りですが、単糸の生地はねじれやすいです。
双糸
単糸を2本撚り合わせた糸です。
丈夫で、生地のねじれも少なく、洗濯でも型崩れしにくいです。
強撚糸
撚りをたくさんかけた糸です。(その反対が、甘撚り糸です)
手触りがシャリっとして、清涼感があります。
織り方
天竺
布の片面に表目ばかり並び、表面がなめらかです。(表裏で見え方が全く違います)
基本編目で構成された、一番丈夫で安定性のある編み地です。
鹿の子
規則的な編目の凹凸で作られた模様が特徴です。伸縮性は少ないです。
裏毛
裏面に太い糸でパイルを作った地厚な編地で、保湿性があります。
パイル
表面(または表面)にパイルのあるソフトな風合いの編み地です。綿でパイルを作ることにより、保湿性と吸湿性が高くなります。
フライス
ゴム編み(リブ編み)のように、横方向に伸縮性があるのが特徴です。表目と裏目が一列ずつ交互に並び、表裏が同じように見えます。
スムース
リブ編みを2枚重ねたような組織であるため、表裏ともなめらかです。また、比較的厚く、伸縮が少ない分、形態も安定しているのが特徴です。
ワッフル
蜂の巣やワッフルのような外観をした生地です。凹凸感のある外観が特徴です。
度詰め
度目(編目の粗さの調整)を詰めて編むことです。硬くしっかりした編地になり、伸縮性は少なくなりますが、そのため安定しています。