化粧品の開発に動物実験が行われていますか

化粧品は人体に直接使用するものですから、製造販売業者はその「効能・効果」や「安全性」への、十分な確認の義務と責任があります。

また、新たに化粧品の原料として使用する予定がある場合は、その原料の「効能・効果」と「安全性」という両面の確認のため、動物を用いた試験方法を含む、データの提出が求められる場合があります。
無印良品の化粧品は、化粧品メーカーへの委託製造で作られていますが、既に「効能・効果」と「安全性」が確認されている原料だけを使用して製造されており、製造段階ではもとより、製品段階での「動物実験」も行なっておりません。(※)

また、今後につきましても、新たな商品を製造する際は「動物実験」の実施が必要となるような可能性のある原料の使用は考えておりません。

一方、各委託先での対応につきましては、委託先自身のオリジナル商品の製造や、弊社以外の発注元からの委託商品の製造を行うために、「動物実験」を必要とする場合があるかもしれませんが、いずれも各委託先内での問題となりますので、弊社といたしましてはその点までの言及はできません。

また、正確な実情もわかり兼ねます。さらに、原料を供給しているメーカーにつきましても同様と考えています。
動物を要しない安全性試験法(代替法)に関しましては、化粧品業界において日々研究が進められていますので、すべての試験において一日でも早く動物実験から代替される日が来ることを期待しております。

今後も「安全性」の追求はもとより、「自然保護」・「環境保全」に十分配慮してまいります。


(※)国内外において、法律により要求されるなど、やむを得ない場合はこの限りではありません。