「白磁急須」の持ち手の根本に小さな穴があいています

磁器製品は、焼成温度が約1200度以上と、高温で焼きます。
その際、熱により膨張、変形するのを防ぐためにあけています。
また、一つ一つ手作業であけていますので、商品により穴の位置が
ずれることもありますが、機能や強度等、品質上に問題はありません。