ステンレスアルミ全面三層鋼鍋のお手入れ方法を教えてください

ご注意
ヤケドの恐れがありますので、ミトン(鍋つかみ)等をご使用してください。
鍋内側の目盛は実測値ではありません。目安としてご使用ください。

ご使用上の注意事項
加熱調理中や調理直後は鍋本体や蓋、取っ手が熱くなっているためヤケドの恐れがあります。
必ずミトン(鍋つかみ)等を使用してください。特に幼児の手に触れないようにご注意ください。
空焚きをしないでください。鍋や取っ手の破損になります。
鍋はコンロの中央部に乗せ、必ず安定した状態で使用してください。安定しない場合は取っ手を押さえ使用してください。
ストーブでのご使用はしないでください。
電子レンジでのご使用はしないでください。
炎が底面からはみ出さないよう火力の調節をしてください。
火力が必要以上に大きいと取っ手が非常に熱くなり危険です。また、隣接するコンロの炎が取っ手や蓋にあたらぬように気を付けてください。蓋をずらしてご使用する場合、直接炎が蓋にあたらないようにご注意ください。
吹きこぼれ、煮こぼれのないように調理に応じた適正容量以下でご使用ください。
吹きこぼれによりガスの火が消えたり、調理器具の故障の原因になります。
衛生上、鍋の中に料理を保存しないでください。腐食する恐れがあります。
天ぷら等の料理の際、油温を200℃以上に上昇させないでください。
急激な衝撃をあたえたり、空焚きをした場合、水等をかけて急に冷やさないでください。
こげつき等を落とす際は金属製の固い物を使用しないでください。
縁まで水等を満たした状態で使用しないでください。
調理物によっては調理中や再加熱(温め直し)の際に内容物が急に吹きだしたり、場合によっては鍋が転倒してヤケドや物品を破損する恐れがあります。
 再加熱する際は下記事項をお守りください。
 ①調理物をお玉等でよくかき混ぜてください。
 ②強火で一気に煮立てないでください。
 ③煮立てる際は、お玉でよくかき混ぜながら加熱してください。

ご使用前の準備
最初にご使用する際は、食器用洗剤で十分に洗い水でよくすすいでください。
食酢を約10%加えた水を鍋8分目程度入れ煮立たせてください。その後お湯を捨て、再度洗ってからご使用してください。
鍋に付着している汚れや金属のアクを取り除き、鍋をさらに衛生的にして頂くためです。
取っ手またはツマミの取付けに破損やガタツキがないか安全を確認してからご使用してください。

お手入れについて
使用後は食器用洗剤で十分に洗い、水洗後十分乾かしてください。
塩分や油分を含んだ汚れが付いたまま放置したり湿気の多い場所での保管はサビや汚れの原因となります。
サビが発生した場合は細めのクレンザーを並用してスポンジタワシ等で落とし多量の水で洗い流してください。
金属タワシをご使用されますとキズがつきますのでご使用しないでください。

Q1. ステンレスなのにサビるのは?
A1. ステンレスは「サビない金属」ではなく「サビ難い金属」とご理解してください。
ステンレスはもともと鉄の仲間で、一般に鉄にクロムとニッケル等が含まれた合金です。
ステンレスの表面はクロムの働きにより、肉眼では見えない薄い酸化皮膜に覆われています。
これがサビ防止する役目をしています。この酸化皮膜はキズがついても、空気に直接触れる事で再生され働きを取り戻します。
しかし、水分、塩分、鉄分、水垢などがついて、空気に触れない状態では威力が発揮できずサビてしまう事があります。

Q2. 鍋の内側が虹色になったり、白い斑点ができるのは?
A2. どちらもステンレスでは珍しくない現象です。人体への害はありませんのでご安心してください。
水道水に含まれている塩素化合物(カルキ)やニガミ、アク成分(マグネシウム、カルシウム、鉄など)が、焼ついたように付着したものと言われており、素材のステンレスから発生したものではありません。
発生を防ぐ方法としては、ご使用後すぐにこすり洗いをして頂くことです。
*虹色や白い斑点の落とし方
 1.酢を入れてこすり、その後食器用洗剤で洗ってください。
 2.酢と塩とお湯を混ぜて沸かし、その後食器用洗剤やクレンザー等で洗ってください。
 3.クレンザーに酢を少々混ぜて磨いてください。

Q3. 料理を保存しない理由は?
A3. 本体からサビ発生を防ぐ為です。
料理を長時間保存すると、料理に含まれる塩分や酸などがサビを誘発する恐れがあります。
また、常温での保管は腐敗の恐れがありますので衛生面からも安全ではありません。

Q4. 焦げてしまいましたが、どうしたら良いでしょうか?
A4. 料理が焦げてしまう原因としては、予熱不足や調理中の火力が強すぎる場合があります。
ステンレス アルミ全面三層鋼鍋は熱伝導に大変優れているので、中火以上での調理は不要です。
焦げを取る方法としては、その鍋でお湯を沸かし、焦げを柔らかくしてから、クレンザー等で磨いてください。
この時、酢を少々混ぜるとより効果的です。温かいうちに磨くととれやすいですが、ヤケドには十分にご注意してください。

Q5. 鍋の外側が虹色になってしまいました。どうしてですか?
A5. テンパーカラーといい、炎による加熱でステンレス表面に出来た薄い酸化皮膜の一種で、部分的な皮膜の厚さの違いにより虹色にみえます。ご使用には問題ありません。