鉄フライパンの使用方法

鉄フライパンはフッ素樹脂などの表面加工フライパンに比べると
こびりつきやすいですが、使っていくうちに油がなじみ、使いやすくなっていきます。
また、一般的なアルミフライパンと比べて重く、使い方によってはサビが発生します。
しかし、鉄は熱伝導が良く、食材にすばやく熱を加えられるため、焼いたり
炒めたりする調理に向いています。
お手入れをすることで、長い年月使える鉄フライパンの良さをお楽しみください。


【はじめてお使いになる前に】

はじめてお使いになる前に、「油ならし」をおこなってください。
鉄製の調理器具は扱い方を間違えると、すぐにサビたり、こげついたりします。
<油ならしの方法>をしっかり守って使われれば、長くお使いいただけます。
2回目以降使用の際は「油ならし」は不要です。

『なぜ「油ならし」をするの?』
フライパンに油がなじむと、こげつきにくくサビにくくなります。これはフライパン表面に
小さな穴がたくさんあいていて、この穴に油が入り込むことでフライパンの表面に
薄い油の膜がつくられるからです。
中火以下でじっくりと油を熱し、全体を均等に加熱させることが目的です。

<油ならしの方法>
①2~3分熱し、一旦火をとめます。
 ※中火以下で底面から炎が出ないように注意してください。
 ※IH調理器の場合は、中火で加熱してください。
②手で触れられる温度まで冷まします。
 ※変形するので加熱後は水で急冷しないでください。
③0.5~1カップ程度の油をまわし入れ、弱火で5分程加熱し、全体にまんべんなく
 油がなじんだら火をとめ、余分な脂をオイルポットへ戻します。
④キッチンペーパーで内側をまんべんなく油なじむように拭いてください。
 キッチンペーパーが黒くなりますが、鉄分ですので安心してご使用ください。
 ※しばらく使わないときは、その外側も同様に軽く拭いて油をなじませてください。


【調理前に】

2回目以降使用される際、調理前に「油返し」をおこなってください。
鉄フライパンは、使い込んでいくうちに自然に油がなじみ、本体全体が真っ黒くなっていきます。
ただし、油がなじんで食材がこびりつかなくなるまでは「油返し」をおこなってください。

『なぜ「油返し」をするの?』
使い始めてすぐは、油がフライパンになじんでないため、食材がフライパンに
こびりつきます。こびりつきを防ぐために油返しをおこなってください。
その後、油を入れて調理開始すると、こびりつきが少なくなります。

<油返しの方法>
①フライパンを火にかけて、2~3分程度、十分に温めます。
 ※中火以下で底面から炎が出ないように注意してください。
②0.5~1カップ程度の油を入れて、フライパンの内側全体に油をなじませます。
③油が熱くなり、かすかに油煙が出てきたら、火をとめ、油をオイルポットに戻します。
④これで「油返し」は終了です。
 ※変形するので加熱後は水で急冷しないでください。

『こげついてしまったら』
こげついてしまったら、お湯を入れてしばらく煮立たせ、こげつきをふやかしてから
たわしや竹のササラで取り除きます。洗浄後、水気を取り、良く乾燥させてから、
キッチンペーパーで内側・外側をまんべんなく油がなじむように拭いてください。


【調理後に】

調理後、フライパンが温かいうちに、たわしや竹のササラを使って、洗剤を使わずに
お湯で洗ってください。洗浄後は水気を取り、良く乾燥させてからフライパンの内側・外側に
キッチンペーパー等で油を薄く塗ってください。
 
『なぜ、洗剤を使ってはいけないの?』
使い込んでいくうちに油がなじみ、サビにくく、こげつきにくくなります。
洗剤を使うと、油が洗い流されてしまい、サビやすく、こげつきやすくなってしまいます。

『汚れがひどい場合は』
強力でしつこい油汚れがフライパンについた場合、スポンジに食器用中性洗剤を付けて
洗ってください。スポンジでも取れない場合は、クレンザーを使用していただくか、
金属たわしで表面の汚れをこそぎ落してください。
ただし、油膜が取れてしまうので、水気を取り、良く乾燥させ、フライパンの内側・外側に
キッチンペーパー等で油を薄く塗ってください。
調理前には、「油ならし」を再度おこなってください。