「撥水」の商品は水を通しませんか

「撥水加工」とは生地表面に付着した水を弾く機能です。
水を弾く加工のため濡れにくくなりますが、完全に水が入らない
「防水加工」とは異なり、長時間の雨、強い雨または多量の雨にあたったり、
長時間濡れたまま放置されるような状況では、防水ではないので
濡れて水が浸み込んできます。
また、縫い目があるものはその部分から雨(水)が侵入することがあります。
撥水初期には効果があったとしても、着用による摩擦や洗濯、クリーニングを
繰り返すことによって徐々に効果が落ちていきます。