自転車を安全で快適にご使用いただくために

自転車は点検・整備状況によっては、怪我や事故につながる恐れがあります。
安全にご使用いただくために、必ず定期的に点検・整備を実施してください。
※定期点検を実施しなかった場合、保証修理が受けられない場合があります
乗車前点検の実施
  • 乗車前には必ず各部のガタやゆるみ、ブレーキの効き、空気圧などを点検してください
  • 異常が見つかった場合は、使用を中止し、販売店にご相談してください
  • 乗車前点検項目
    • フレーム、前ホーク、クランク、ペダルなどの部品に変形やひび割れがないか
    • ハンドルやサドルのポストは限界標識がかくれるまで差し込まれているか
    • ハンドル、サドルの固定は十分か
    • 前後車輪の固定は十分か
    • 前後ブレーキはよくきくか
    • ネジがゆるんでいるところはないか
    • タイヤの空気圧は十分か
    • ベルは鳴るか
    • ライトは点灯するか
定期点検の実施
  • 自転車は購入後、1ヶ月~2ヶ月くらいでネジ類のゆるみなどが生じる場合があります。必ず定期点検を実施してください
  • 購入後2ヶ月後、6ヶ月後、1年後に定期点検を実施し、以後1年毎及び異常を感じた場合は必ず販売店で点検・調整を実施してください
  • ブレーキレバー(前後)のインナーワイヤー部分、チェーン、外装変速機、変速レバーのケーブル内側等には1~2ヶ月に1回程度注油してください
  • ブレーキワイヤー、及びブレーキブロックは消耗品です。異常がなくても1年に1回くらいの目安で交換してください
  • 定期点検項目
    • ハンドルの取り付け、回転、ガタつき
    • サドルの位置、固定及び損傷
    • ブレーキのきき具合とワイヤー、ブレーキブロックなど各部の磨耗
    • ベル又はブザーの取り付けと鳴り具合
    • ライト・ダイナモの取り付けと機能
    • リフレクタ(反射器)の取り付けと機能
    • チェーンの張りと調整
    • 車輪の固定、脱落防止金具の固定、振れ、ガタ・回転、キズ・磨耗、空気圧
    • 変速機の取り付けと作動
    • 各部のネジのゆるみ
pdf 一般用自転車及び幼児用自転車取扱説明書PDFダウンロード(1.96MB)