ニットのご家庭での洗濯方法(手洗い方法)

ニット製品をご家庭で手洗いする方法について、説明します。
洗濯前の注意事項
手洗い表示のニット製品を洗濯するには、ぬるめのお湯で押し洗いするのが基本です。
※大き目のバケツかたらいと、中性洗剤、30℃程度のぬるま湯を用意します
洗濯機は脱水の時だけに使います。乾燥機能は使いません。できれば洗濯ネットをご用意ください。
※洗濯機に「手洗いコース」「ドライコース」等の機能がありますが、手洗いをおすすめします
おおまかなサイズを測ります。
洗う前のサイズをおおまかに測っておきます。洗い終わったときに、形を整えてそのサイズにするためです。

1.下準備



ウールはアルカリに弱いため、中性洗剤(おしゃれ着洗い用洗剤など)を使用します。
中性洗剤は洗剤の表示に従って良く溶かします。
洗剤は洗濯物にかけるのではなく、ぬるま湯に溶かしてください。

水は、ぬるま湯を使い、最後まで同じくらいの温度のぬるま湯を使用します。
最初と最後のぬるま湯の温度差が激しいと縮む場合がありますのでご注意ください。
時間を空けずに、手洗いをしてください。同じ温度が保てます。

2.洗い方



軽い押し洗いにします。(商品にもよりますが、5分以内が目安です)
押し洗いは、指を開き加減にして、押したら手を離し、セーターがふんわり浮いてきたら、また押す、ということを繰り返します。強く押したり、もんだり、こすったりしないでください。
※強くもんだり、こすったりすると、繊維がからみあって縮む場合もあります。

新しいぬるま湯で洗剤を落とす「すすぎ洗い」をします。(押し洗いと同じ方法で約1分間、目安2回程度)

3.脱水



洗濯機で脱水する場合は短時間でします(ネットに入れ30秒ほど)。脱水のしすぎは禁物です。
また、ゆるく編まれたセーターは、形を整えてバスタオルにはさみ、脱水機は短時間です(15秒ほど)。

洗濯機で脱水しない場合は、バスタオルにくるんで、形を整えて、水気をとります。

4.干し方



干す時は形を整えて平干しにします。平らなところに広げて干してください。室内干しもしくは陰干しにします。陰干しは商品の日焼け、黄変、変色、劣化を防ぎます。

ハンガー掛けはしないでください。濡れた状態のセーターは水分の重みで伸びやすいからです。



※もし縮んでいたら
当て布をしてから、スチームアイロンを浮かしながらかけ、整形(形を整える)してください。

※もし伸びていたら
当て布をしてから、スチームアイロンを浮かしながらかけ、整形(形を整える)してください。