人が麻を使い始めておよそ一万年になります。
天然繊維の中で最も丈夫とされる麻は、使い、洗うたびに柔らかく、風合いが増す素材として親しまれてきました。
ヨーロッパの家庭では、100年以上前の麻のシーツやクロスを日用品として取り入れていることが珍しくありません。
自分の暮らしに馴染んだ、ちょうどいい気持ちのものと暮らす。
麻と過ごす毎日にはそんな、感じの良い豊かさがあります。

リネンって何だろう

日本で「麻」と呼ばれる布には数十以上の種類があります。
一般的なものではリネン(亜麻)、ラミー(芋麻)、ヘンプ(大麻)、ジュート(黄麻)など。
その中で「リネン」は最高級に位置するといわれ、しなやかな肌ざわりと、上品な光沢を持っています。
その上質さから古代エジプト人に「月光で織られた生地」と称えられていたという記録も残されています。

優れた天然機能素材

リネンといえば、思い浮かぶのが、さらりとして張りのある感触。そして使うとわかるのは、水分をすばやく吸い、乾くのが早いということ。
その理由は繊維の中心が空洞になっているから。その上、天然繊維の中で最も丈夫で、コットンの2倍、ウールの4倍を誇る強度は水に濡れるとさらに増します。
だからジャブジャブ洗濯しても痛みにくく、長いものでは10年、20年と使えるものもあります。この耐久性からアメリカのドル紙幣にも使用され、日本では消防のホースにも使われていました。大航海時代には帆船の帆に使用されたことが、ヨーロッパで麻産業が発達した理由と言われています。

麻との暮らし方

洗う

麻は手軽に洗える素材です。水に濡れると強度が増すといわれ、何度もくり返し洗濯することができます。ただし蛍光剤は生地の色合いを損ない、漂白剤は繊維を痛めるので控えてください。

アイロンをかける

きれいにアイロンをかけるコツは、まず裏面からかけて小じわを伸ばし、次に表面をかけることです。アタリやテカリが気になるものには、当て布をしてください。

なじませる

しわが美しいのが、麻の特徴のひとつです。その素朴な凹凸は見た目にも素肌にもいい気持ち。洗濯後には洗いざらしの自然な生地感が生まれ、使うほどくたっと柔らかく、肌になじんでいきます。

干す

麻の繊維は芯が空洞になっているので、水分を吸ったり吐いたりする性質を持っています。風通しのいい所で干せば、乾くのはあっという間。干す前にかたちを整えてしわを伸ばすと、その後のアイロンがけがスムーズです。

しまう

麻の保管に最適なのは、乾燥していて涼しい場所。通気性が良くないとカビの原因にもなるので、ビニールの袋等に長く密封するのは避けてください。薄い紙でやさしく包んでしまえば、ほこりが付いてしまうのを避けることができます。

色を楽しむ

他の繊維と比べて汚れが落ちやすい麻。洗濯を重ねると、白い生地はさらに白く。ややグレーがかった生成り色の麻は、ミルク入りのはちみつのような色になります。

麻のアイテム

はじめから、着なれた心地。

洗ってそのまま、アイロンもノリをかけずに肌ざわりよく仕上げました。最初に袖を通した時から、なじんだ心地で着られます。

フレンチリネン洗いざらしシャツ
税込3,980

しゃきっと、やさしい。

肌ざわりがしゃりしゃりと涼しい麻のシャツ。最初からなじんだ心地で着られる洗いざらしです。

フレンチリネン洗いざらしチェック半袖シャツ
税込3,980(5月上旬発売予定)

しわの、しあわせ。

ふっくらと素朴な凸凹が、見た目にも素肌にもいい気持ち。
日増しに強くなる紫外線から肌を守る、UVカット効果も。

フレンチリネンUVカットクルーネックカーディガン
税込4,980

なじんだ姿が、待ち遠しい。

時が経つほど豊かな風合いに変わるのが麻。
来年、再来年と、その変化をお楽しみください。

洗いざらしの麻クッションカバー
税込1,500

綿麻二重ガーゼスロー
税込3,500

長く使える麻を、すこし。

クロスにタオルにマットにと、暮らしの様々で役立つ布です。
なんど洗っても丈夫なまま、一枚で長く使い続けられます。

麻平織自由に使える布
税込750円〜