研究テーマ

第1回グループインタビューのご報告

2 第1回グループインタビューのご報告

洗いざらしシャツの更なる進化を目指してスタートした『紳士定番シャツ見直しプロジェクト』。
今回は昨年12月に実施したグループインタビューの報告をいたします。

[1]グループインタビュー概要

グループインタビューとは

調査条件に適合する対象者を一同に集め、司会者(モデレーター)の進行のもと様々な話題について自由に意見交換してもらう座談会形式の定性調査

  • 実施日
  • 2011年12月16日・17日
  • 対象者
  • 無印良品のオーガニックコットン洗いざらしシャツ、オーガニックコットンオックスボタンダウンシャツを購入したことのある男性を事前のWEBアンケートにより抽出
  • インタビュー内容
  • 1)現在の当社製品の着用実態、製品評価、改善すべき点
    2)当社以外のカジュアルシャツ全般に対する普段の消費行動について
  • グループ数
  • 3グループ(20代、30代、40代で各1グループ)

[2]満足点:素材・縫製について

風合いが良い、肌触りが良い

  • ・買ったその時からこなれている感が出るので、ずっと着ていた風合いが出ているのでいいなと思う。ネーミングからも実際触って「あ~ええんちゃう」と思った。(20代)
  • ・素材感がいい。両方共着心地がいいし、丈夫。オックスフォードは丈夫だ。(30代)
  • ・着心地が満足。洗いざらしのほうは、下にアンダーを着る。ノースリーブのものを着る。腕の部分に当たるが、肌が気持ちがいい。(40代)
  • ・肌触りは両方いい。夏に直接着ることもある。青系のものとかは透けないので、そのまま着るが、すごく気持ちがいい。(40代)
  • ・肌触りと素材感が好き。両方とも好き。オックスフォードは糸が太いからザクッと着る感じ。(30代)

縫製が価格の割に良い

  • ・丈夫。両方ともガンガン洗っても全然大丈夫。無印の縫製はセレクショップ並だと思う。(40代)

[3]満足点:デザイン・サイズ

サイズ展開について

  • ・サイズが気に入ってる。他社で展開のないXSがある。(30代)
  • ・サイズかな。イージーはあまり好きじゃないが、Lサイズは首周りと裄丈が合う。(30代)

いっしょに合わせやすい

  • ・襟が大きすぎず、小さすぎずでいい。大きすぎるとモード系みたいになってしまう。(40代)
  • ・自分はボタン2つ開けて着るが、ボタンの距離感が大事。2つ開けたときにVゾーンが洗いざらしシャツは綺麗に出る。開いた時の距離感がいい。(40代)
  • ・オフの時はシャツを出すので、着丈がちょうどベルトのところまで隠れる。裾を出すのに一番いいサイズ。(20代)
  • ・感覚的で、良い意味でも悪い意味でもあまり飾っていない。そのおかげで気軽に使える。(20代)

[4]満足点:その他

安心感

  • ・日本のメーカーで素材にこだわって良いものを作っていこいうというのが、シャツだけでなく他のところでも見えるので、シャツも頑張っているんだろうなと思って買う。(20代)
  • ・素材の安心感がある。素材にこだわっている安心感は無印。(20代)

価格と製品のバランス

  • ・一番は価格。手が出しやすい店と価格だった。着てみて、どういうスタイルにも合わせられる。(20代)
  • ・コットンにすごくこだわっていて、白いシャツを作っていて他に比べると2000円は安い。(20代)
  • ・無印はボタンが取れない。某ショップのものは摂れてしまう。ボタンがクロスにかかっているから取れにくい。(40代)

[5]不満点:素材について

ブロードは生地が少し薄く透ける

  • ・透けるのは最初から。透けなければ、もう少し選択肢に入ってくる。当時はもっと薄かった気がする。(30代)

洗うと気になるシワがでる

  • ・オックスフォードシャツは手洗いして干すと、うまくシワが・・・。アイロンをかけないと汚いシワの付き方をするので、うまくできないかなと思っている(20代)
  • ・何かよくわからないシワ、気持ちの悪いシワが出てくる。腕まくりをしていたので、肘の内側のシワが残って取れなくなった。半年か1年で気になった。シワは最後は残ったままになった。シワは気になる。(20代)

黄変してくる

  • ・白シャツって生地がへたってダメになるよりも、黄ばみでダメになることが多い。(30代)

[6]不満点:サイズについて

アームホールが太く感じる

  • ・オックスフォードシャツは中に着る時、カーディガンだとアームホールがデカイと通らない。だぶついてしまうで、アームがピタッとした方が着ていてゴワゴワしない。(20代)
  • ・洗いざらしシャツを着て、丈と身幅はいいが、アームホール太すぎてたれる。そこがフィットして欲しい。胴体周りは不満はないが、アームホールが異常に太い。(20代)
  • ・身幅、アームホールとか。イージーだと胸の辺りがゆったりしていてあまり好きではないので、スリムがあれば選ぶ。(20代)

シルエットが選べるといい

  • ・ボタンダウン(オックスフォード)のイージー、レギュラー、フィットと3種類あり、好みで着れるのがベストだと思う。(40代)
  • ・無印にフィット感を求めていない。カジュアルで着るからフィットでなくてもいいが、イージーでは太すぎるからレギュラーではあってほしい。(30代)
  • ・フィットもイージーもやっているなら全部ランナップは揃えて、こちらで選べるようにしてくれていたらいいのになと店頭で思っている。(20代)

着丈が気になる

  • ・丈の長さが確実に短くなっている。裾が短くて浅い。前身ごろのラウンドの部分が短く、野暮ったく感じる。(40代)
  • ・外に出すとなんか中途半端な長さ。変に出ちゃったりするので、そこは気になる。ボートネックを着るときはどうしても出てしまうから、入れている。インすることを前提に着るシャツなのか、出すものなのかどちらかにしたほうがいい。自分はもう少し短めがいい。(30代)
  • ・カジュアルで着るか仕事で使うかだが、仕事で使うには着丈が短すぎる。(20代)

[7]不満点:パーツについて

ボタンが安っぽく見える

  • ・ボタンはプラスティックでもいいが、こんなに黄色でなくていいのかなと思う。白ければ目立たない。(20代)
  • ・ボタンは安いので仕方がない。安っぽい、貝っぽいのではなく思い切りチープにしてくれても面白い。(20代)
  • ・確かにボタンは他と比べると安っぽい。1980円だから仕方ないと納得して着ているが、外に着ていくのには抵抗がある。ボタンの色と素材が気になる。(30代)
  • ・ボタンをもう少しよくしてほしい。ボタンを見た瞬間に値段がわかる。(30代)
  • ・もう少し白っぽくてもう少し分厚いボタンがいい。ボタンが厚いと、お洒落に見えるし、丈夫。(40代)

使用し続けると、襟先がまくれあがる

  • ・襟は気になった。不満ではないが、もう少ししっかりして欲しいので襟の部分だけアイロンをかけていた。(20代)

[8]開発の方向性

『洗いざらしシャツの原点回帰』

2日間にわたるモニター会の中で、たくさんのご意見、ご要望をいただきました。
私たちがこれから目指していく『シャツのイメージ』と開発の方向性が見えてきました。

洗いざらしシャツ開発の方向性と取り組み

  • ・アイロンをかけなくても着れるシャツ
  • →「風合い」と「シワ」の評価確立
  • ・洗えば洗うほどいい風合いになるシャツ
  • →打込み本数を増やす、番手の変更
  • ・仕様にこだわったシャツ
  • →衿、袖の芯地の改良
  • →ボタンの変更
  • ・シルエットにこだわったシャツ
  • →袖廻り含むパターンの見直し

今回のモニター会にご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。
課題を整理し、仕様の見直しをしながら『紳士定番シャツ見直しプロジェクト』は進行中です。