研究テーマ

紳士定番シャツ見直し

プロジェクト 紳士定番シャツ見直し

見映えを良くするために、糊付けやアイロンがけがなされていたシャツを洗ったままで後工程を省いた「洗いざらしシャツ」は1983年にデビューしました。
最初から肌になじみ、洗っても風合いが変わらない洗いざらしのシャツは、デビュー以来、「無印良品の顔」として多くの方のご支持をいただいてきました。

そんな「洗いざらしシャツ」の更なる進化を目指して、私たちはもう1度、無印良品の「定番シャツ」を考えます。
ユーザーの皆様の声を聞き、素材を見つめなおし、生産現場に入りながら、2012年12月の発売を目指して、商品の改良を進めていきます。

このプロジェクトでは、皆様から寄せられた声やモニター会の様子、生産現場との取組みなどを紹介していきます。