現在、本団地の入居募集はありません。

中世イタリアの山岳地方をイメージした街
多摩ニュータウン ベルコリーヌ南大沢

ヨーロッパを彷彿とさせる赤レンガ調の街並み。「南大沢駅」周辺に広がるこの景観の起点となっている団地があるのをご存知でしょうか。それも、大型ショッピングモールやシネマコンプレックスがある便利な駅前から、遊歩道だけを歩いて到着できてしまう好立地に。今回は、そんな多摩ニュータウン ベルコリーヌ南大沢団地をご紹介します。

東京で出会う異国情緒あふれる街並み

京王相模原線「南大沢駅」の改札を出ると、中世イタリアの山岳地方をイメージした赤レンガ調の街並みが広がっています。ここが多摩ニュータウン、東京都稲城市・多摩市・八王子市・町田市にまたがる多摩丘陵につくられた日本最大規模の新都市です。「新宿駅」から乗車約33分、「渋谷駅」からも約34分という便利な場所に位置しています。

駅近くの「三井アウトレットパーク 多摩南大沢」には、フランフランやナイキといった約120店舗ものナショナルチェーンが入っています。スーパー三徳・マツモトキヨシ・イトーヨーカドー・オーケーストアなどのショッピング施設、銀行・郵便局・クリニックなども隣接しており、暮らしに必要な機能が揃っています。さらに、総数1900席の映画館「TOHOシネマズ 南大沢」も近いため、仕事を早くあがった日はふらっと映画を観て帰るということもできます。

団地に向かう途中にある背の高い建物は「首都大学東京南大沢キャンパス」。大学の建物も景観の統一を守っています。大学の前を通過すると木陰の散歩道が現れます。春には桜並木のトンネルとなり、満開の桜にちなんで「南大沢さくらフェスタ」というお祭りが、駅前や近隣の公園を会場として毎年開催されています。

“美しい丘”のはじまりは団地の建築デザイン

フランス語で“美しい丘”を意味する言葉「ベルコリーヌ」。その名の通り、丘に広がる緑と洗練された建築デザインが織り成す見事な景観を持つ団地で、ドラマの撮影地になったこともあるのだそう。この団地の美しい外観が多摩ニュータウンの街並みの起点となっており、今や周辺一帯にヨーロピアン・テイストのデザインが展開されているのです。

ベルコリーヌ南大沢は2街区に分かれて住棟が配置されています。徹底された歩車分離が行われているため、駅からどちらの街区に行くにも、横断歩道なく到着することができます。今回MUJI×UR団地リノベーションプロジェクトの対象住戸があるのは、駅から徒歩約7分の「3街区」。もう一方はそこからさらに進み、駅から徒歩約15分の場所にある「16街区」です。昭和64年に入居がスタート。時代を牽引するリーディングプロジェクトとして注目を集めました。現在の住戸数は全部で385戸になります。

「3街区」は3つの住棟が集会場を囲むように配置されています。集会場には洋室と和室の全3部屋があり、ダンススクールや塾として使用されたこともあるのだとか。小さなキッチンも付いているため、ちょっとした飲食付きの企画であれば開催も可能です。

充実した教育環境と水辺の憩い

もう一方の「16街区」に向かう遊歩道の左右には、豊かな樹々とカラフルで凹凸のある分譲住宅。途中から水路が現れ、水辺の生き物探しに夢中の子どもたちの姿や、広場に腰掛けて仲睦まじく会話をする年配ご夫婦の姿にも出会えます。小学校の通学ルートにもなっているため、ランドセルを背負って楽しそうにはしゃぐ子どもたちと擦れ違うことも。

ベルコリーヌ南大沢の周辺には、中学校・小学校・幼稚園・保育園・幼児教室など数多くの教育施設があり、子育て世代の入居ニーズも強いのです。八王子市による「地域子ども家庭支援センター」という相談窓口も団地付近にあるため、子どもだけでなく子を育てる親にとっても安らげる環境が整っています。

リノベーション住戸について

今回、MUJI×UR団地リノベーションプロジェクトが手掛けた間取りは、MUJI×UR plan40MUJI×UR plan41の2つです。対象住戸が入っている「3街区」には、6階建てが2棟と10階建てが1棟。どれも4名乗りのエレベーター付きです。

大きな空間を固定の壁で区切った3LDKなどの既存間取りを改修して、住む人が自由にアレンジできる開放的な1LDKへ。住戸の両側面に設けられたベランダはどちらもゆったりとした幅があるので、片方は小さなテーブルと椅子を置いてテラスとして活用しても楽しいかもしれません。ベランダから多摩ニュータウンの街並みを眺めることができます。

「南大沢駅」から徒歩圏内という利便性の高さを持ち、自然と教育に恵まれた環境下にありながら、周辺物件と比較すると家賃はそれほど高くありません。好奇心が強く歩きたい盛りのお子さんをお持ちのご家族には、歩車分離が徹底されたベルコリーヌ南大沢はとくにおすすめです。そしてときどき、子育ての息抜きにショッピングや映画もどうぞ。