長期優良住宅

無印良品の家は「長期優良住宅」です

長期優良住宅の根本にあるのは、「質の高いものを、手入れして永く大切に使う」という考え方。 長期優良住宅の認定制度は、日本人が本来もっていたモノへの接し方、住宅の住まい方を、現代に甦らせたものといえるかもしれません。 「無印良品の家」は、標準で長期優良住宅認定仕様。耐久性の高い建物であることはもちろん、各種の税制優遇、地震保険料の割引適用など、さまざまなメリットを受けることができます。

※床面積75m²未満、計画道路にかかる敷地など、条件が満たない場合は対象外となります。

長期優良住宅について

2009年に施工された「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」は、住宅を長期にわたって使用することにより、住宅の解体や除却に伴う廃棄物の排出を抑制し、環境への負担を軽減するとともに、建てかえによる国民の住宅に対する負担を軽減し、より豊かで優しい暮らしへの転換を図ることを目的としている、国土交通省の制度です。

この法律の制定とともに長期優良住宅の認定制度がスタートし、認定のための技術基準が設けられました。
その主な内容が下の表です。
これまでの一般的な住宅と比べると、技術的にも費用的にもハードルが高くなっており、費用に関しては国土交通省の試算によると、一般の住宅では坪10万円ほどの追加費用になる内容とされています。


「無印良品の家」の住宅性能表示等級と、長期優良住宅の認定条件(一戸建ての場合)

評価項目 主な等級の範囲と「無印良品の家」の標準等級 認定条件
構造の安定 耐震等級 1 2 3     2以上
火災時の安全 感知警報装置設置等級 1 2 3 4   -
劣化の軽減 劣化対策等級 1 2 3     3
維持管理への配慮 維持管理対策等級 1 2 3     3
温熱環境 断熱等性能等級 1 2 3 4   4
空気環境 ホルムアルデヒド対策 1 2 3     -
光・視環境 単純開口率 / 方位別開口率 面積の比率、方位ごとの分布を表示 -
音環境 透過損失等級 1 2 3     -
高齢者への配慮 高齢者等配慮対策等級 1 2 3     -
防犯 開口部の侵入防止対策 有効な措置が講じられているかを評価 -

無印良品の家は、費用を追加することなく
長期優良住宅の認定を受けられます

無印良品の家は、2004年に建てられた最初の1棟から高い性能基準を課し、長持ちする家づくりをすすめてきました。この考え方から無印良品の家は、長期優良住宅の認定基準に標準仕様で対応しているため、長期優良住宅に対応するための仕様変更にともなう追加費用なしで、優良処置が受けられます。(※「縦の家」は認定低炭素仕様に標準対応となります)

また、無印良品の家は全てにグッドデザイン賞を受賞しており、長期優良住宅に対するための仕様変更にともなう追加費用がなく、標準仕様のまま、そのデザイン性の高さも保っています。


長期優良住宅の優遇処置とその条件とは
「無印良品の家」は現在、国が主導となって進めている各種政策として、税金の控除や軽減措置の対象となるだけでなく、住宅ローンの金利引き下げなどといった数々のメリットを受けることができます。


住宅ローン減税 控除される金額とその対象
住宅ローンを利用している方の所得税を減税・控除する制度です。
所得税以外にも個人住民税から10年間、毎年控除できるようになっています。


一般の住宅の場合

居住年 借入限度額 控除率 各年の控除限度額 最大控除額
2013年 2,000万円 1.0% 20万円 200万円
2014年1月~3月 2,000万円 1.0% 20万円 200万円
2014年4月~2017年12月 4,000万円 1.0% 40万円 400万円

長期優良住宅及び認定低炭素住宅、認定省エネ住宅の場合

居住年 借入限度額 控除率 各年の控除限度額 最大控除額
2013年 3,000万円 1.0% 30万円 300万円
2014年1月~3月 3,000万円 1.0% 30万円 300万円
2014年4月~2017年12月 5,000万円 1.0% 50万円 500万円

無印良品の家は、長期優良住宅及び認定低炭素住宅であるため、一般住宅よりも優遇されます。
所得税から控除し切れなかった場合、住民税から控除されるかたちになります。
国土交通省 各税制の概要(PDF)