無印良品が考える快適温度の家づくり「+AIR」

室内の温熱環境は、家の性能を決める大切な要素です。 これには、高い断熱性能を前提として、立地や風向、地域の気象条件などを設計に組み入れる「パッシブデザイン」の考え方が重要となります。
太陽の熱や光、風と心地よく暮らすために。「無印良品の家」では、建設するすべての建物の温熱シミュレーションを実施。家の快適性を「温熱性能」として事前に数値化し、プランに反映します。完成するのは、エアコンなどの機器になるべく頼らない、太陽の熱や光、風を取り入れた、世界にひとつの心地よい住まい。 さらには、家族構成やライフスタイルに合わせて、窓を開けるタイミングや日除け、庭木のあり方などもアドバイス。自然の理に適った快適な家に、賢く暮らしませんか。

自然を活かして快適に暮らすパッシブデザイン

風や太陽の光、熱などの「自然エネルギー」を最大限に利用して、エアコンなどの機器をできるだけ使わずに快適に賢く暮らす。こうしたことを実現する住宅の設計思想・手法を「パッシブデザイン」と言います。日本には昔から、深い軒やすだれ、縁側などがあり、日差しを遮ったり風を通したりするのに活用されてきました。こうした自然のエネルギーを上手に利用するのも、パッシブデザインのひとつと言えるでしょう。日本家屋をお手本に、快適でエコな暮らしを可能にする。「無印良品の家」の「+AIR」は、パッシブデザインを一棟ごとに最適化し、プランへと反映させます。

家ごとに快適性を提案する「+AIR」

心地よさの感覚は人によって異なります。住む人の感覚や生活スタイルを考えあわせることが、効果的なパッシブデザインのポイントです。無印良品の家+AIRは、心地よさと環境性能に優れた住まいづくりをデータで把握できるしくみ。日ざしや風の入り方をコンピューター解析・数値化して比較し、室温維持に必要なエネルギー量を計算します。さらに家族構成や暮らし方によるさまざまな生活場面の室温をシミュレーションして、実際に住む人に適した快適さを目ざしています。これによって、一つひとつの家ごとに最適なパッシブデザインが可能になります。

SKELETON + INFILL + AIR

建物を「スケルトン(構造体)」と「インフィル(内装・設備)」に分けて設計することをスケルトン+インフィルと言います。無印良品の家は壁を建物の支えとしない頑強なフレーム構造(SE構法)を採用しているため、「間仕切り壁」を可変性のある「インフィル」と考えてきました。「永く使える、変えられる」を実現するために、ライフスタイルの変化や家族の成長に応じて、自由に、簡単に、そして安全に変化させていくことができるのです。

そして外観や素材だけでなく、空気の品質でも家の性能が決まります。
「スケルトン」+「インフィル」から、さらに進化するしくみ無印良品の家「+AIR」は、建物の向きや、庇や窓の位置、大きさなどの建築的に自然エネルギーを採り入れる設計から、エアコンをつける時間帯や設定温度、窓を開けるタイミングや庭の木の提案など、自然エネルギーと上手に付き合っていく暮らし方のヒントまで、一つの家ごとに、暮らしに合わせた快適温度をデザインします。

季節や生活時間に合わせた、心地よさのつくり方

光と風のあり方を見直すことで、いつも家は心地よいものになります。

空気の流れを設計する。

たとえば窓をどこにつけるか
窓の位置によって室内の空気の流れにも変化が生まれます。無印良品の家は家の向きや1階から2階へとつながる空間を考えて窓の配置を提案します。

暮らしの中で工夫する。

窓際のアイデア
窓からの日射をコントロールすると室温は随分違ってきます。エアコンでむりに温度を上下させるのではなく、取り外しできるアイテムで光と熱量を調節する効果的な方法をご紹介します。

自然を上手にとり入れる。

夏と冬の使い分け方
窓のそばに落葉樹を一本植えると、夏は木陰、冬は日光が入り、季節の移り変わりも知らせてくれます。無印良品では身近な自然や四季を感じられる生活を大切にしています。

+AIRの快温家づくりステップ

無印良品の家+AIRでは、段階を踏まえて快適温度の家をデザインしていきます。土地の条件や住む人の生活を考慮し、きめ細かく調整しながらプランを考えるので、ほんとうの快適性をそなえたエネルギー効率の良い家をつくることができます。

Step-1 立地のことを知る

「風向きチャート」をもらう

自然を最大限に活かす家づくりに大切なのは、まず、立地を知ること。風の向きは土地によって違うものです。
建築予定地や希望地をモデルハウススタッフまでお知らせ下さい。風と気温の状態がひと目でわかる「風向きチャート」を差し上げます。

家づくりのことがよくわかる、無印良品の「家づくり講座」に参加しませんか。web上でご予約ができます。

Step-2 暮らし方からプランをつくる

「生活スタイルシート」をつくる

家族構成、一日の在宅時間など、好みや生活の側面からパッシブデザインを考えます。毎日の生活の仕方と効果的なエコロジーは切り離せないもの。暮らし方から発想することで快適な室温や理想的な間取が見えてきます。「生活スタイルシート」をつくって具体的なプランを立ててみませんか。モデルハウススタッフが一緒に考えます。

Step-3 効果を確かめる

「快温シミュレーション&アドバイスシート」を受け取る

プランに即して暖冷房エネルギー量を計算し、室内の温度や状態をシミュレーション・シートにしてお渡しします。実際にかかる費用や節約効果がわかります。合わせて、上手な日光や風のとり入れ方など、無印良品ならではのアドバイスシートも差し上げます。快適な温度を維持するのに役立つ、あなたの家専用のアドバイス集です。