高断熱・高気密

室温を一定に保つダブル断熱・トリプルガラス

「無印良品の家」は、外断熱と内断熱のメリットを兼ね備えた「ダブル断熱工法」を採用しています。
これまでの断熱性能を大幅に越える断熱性能で、一室空間でありながら快適な室内環境を実現するだけでなく、家の耐久性も向上します。 また、室内の空気を常に新鮮に保つ「計画換気」も実施。四季を通じて、快適に過ごすことができます。

断熱等性能等級4

断熱等性能等級は、4 段階のうち最高の4を取得
これにより、長期優良住宅の認定条件を満たしています。

ホルムアルデヒド対策等級3

ホルムアルデヒド対策等級は、3 段階のうち最高の3を取得しています。また、換気対策も標準仕様で対応しています。

外断熱と内断熱のメリットを兼備し高い断熱性能を発揮する「ダブル断熱工法」[ダブル断熱]

近年、急速に高まってきた地球規模での環境・エネルギー問題。国は低炭素化社会へのロードマップづくりを進めており、2020年には省エネ基準の義務化・2030年にはZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)が新築住宅の平均になることをめざすなど、住宅に求められる断熱性能が大幅に上がります。
「無印良品の家」は、これからの住まいに求められる基準を見据え、ダブル断熱工法を標準採用しています。高い断熱性能を発揮するためには、断熱材の厚さが必要。そこで外断熱に加え、12cm角の柱で囲まれた内側に断熱材を充填する「ダブル断熱」によって、高い断熱性能を確保しました。内断熱だけの場合、柱や梁などの構造材で断熱材が途切れてしまい、その部分が熱の逃げ道(ヒートブリッジ)となってしまいますが、ダブル断熱では、この部分を外断熱部分がすっぽりと包みこむため、高い断熱性が発揮されます。また、日本の住まいにおいては、断熱と防湿をセットで考えることも重要です。外側の断熱材は、室内と壁の中の温度差を小さくする役割を果たすため、建物の耐久性や快適性を損なう原因となる結露を抑え、結露によるカビの繁殖や、腐朽菌の発生を抑制することができます。

世界最高クラスの、圧倒的な断熱性能[断熱材]

断熱材は、気泡が小さいほど、輻射熱(赤外線)が跳ね返される回数が増え、輻射による熱移動が少なくなって熱が伝わりにくくなります。また気泡が小さいと対流もほとんど起きず、さらに熱が伝わりにくくなります。「無印良品の家」が外断熱に使用する「フェノールフォーム」は、従来品の気泡構造をさらに微細化し、世界最高クラスの極めて低い熱伝導率、0.020W/(m・K)を実現。他の断熱材と比べて、同じ厚さでも高い断熱性能を誇ります。

燃えにくく、性能が長持ちする[断熱材]

フェノールフォームの主原料は、熱に強く燃えにくいフェノール樹脂。熱で硬くなる特性を持ち、耐熱性・難燃性が求められる家の断熱材として最適です。また、気泡が小さいだけでなく、ガスバリア性の高い気泡膜によって1つ1つ独立して構成されているため、内部に閉じ込められた発泡ガスの漏洩や、外気の侵入を防ぎ、断熱性能を長期間維持することができます。

住まいの熱効率を高める、高断熱を追求した高性能フレーム[断熱サッシ]

建物全体の断熱性や気密性が高くても、開口部=窓の性能が低ければ、熱は外部に逃げてしまいます。また、外気温と室温の温度差が大きい場合では、窓枠に結露が生じることもあります。日本の窓フレームの素材には、アルミと、主に寒冷地で用いられる樹脂の2種類がありますが、「無印良品の家」では、両者を組み合わせた「高性能ハイブリッド窓」(アルミ樹脂複合サッシ+トリプルガラス)を採用。アルミと樹脂のメリットを融合させながら、樹脂窓と同等の 断熱性能を実現しました。

「高断熱」と「軽さ」を両立した高性能ガラス[開口部]

「無印良品の家」の壁や屋根は、断熱等性能等級4を大きく超える性能を持っていますが、さらに断熱サッシとトリプルガラスの標準採用※によって壁・天井・窓の表面温度の差を小さくし、温熱的快適度を向上させています。サッシの素材には、風雨にさらされる室外側には耐久性・耐火性に優れたアルミを、室内側には、外気の影響を最小限に抑える、熱伝導率がアルミの1/1,000と言われる樹脂を使用。トリプルガラスは、内外2枚をLow-Eガラスとし、空気に比べ熱伝導率を約30%抑えるアルゴンガスを封入することで、優れた断熱性能を発揮します。中間ガラスには、厚さわずか1.3mmの特殊薄板ガラス(透明ガラスの場合)を用い、トリプルガラスでありながら、複層ガラス並みの軽さを実現しています。

※サッシが防火設備とされる「防火・準防火地域」においては、標準のトリプルガラスでなくペアガラスとなります。

スリムなフレームでガラス面積最大化[断熱サッシ]

一般的に、熱を通しやすいフレーム(窓枠等)の露出を抑え、熱を通しにくいガラス面積を大きくすることで、断熱性能はより高まります。窓の断熱性能を高めるために、「無印良品の家」のサッシでは、アンカー式グレチャンによって、フレームをスリム化しつつ、ガラス面積を最大化。耐久性を保持しながら、断熱性能と意匠の両面を向上させています。

第3種計画換気システムを採用[換気]

「無印良品の家」の計画換気では、新鮮な空気を外部から自然給気し、室内の汚れた空気を機械によって排気する「第3種計画換気システム」を標準装備しています。これは、リビングや寝室に設置したフィルター付きの給気口から新鮮な空気を取り入れ、トイレや洗面室、クローゼットなどに設置したファンを通じて、湿気やにおいを含んだ空気を24時間排出するもの。無印良品の「木の家」ではダクトレスで排気口を設置し、「窓の家」ではダクト式の換気システムを採用。いずれの場合も、高気密により標準大気圧よりも圧力が低い状態(負圧)であるため、給気は壁に設置された給気口から、排気によって生じる圧力差で自然に行われます。

床下結露や木材腐朽を防止する基礎断熱工法[基礎断熱]

「無印良品の家」では「基礎断熱工法」を採用しています。これは、床下に断熱材を施工せず、建物の外周に面した基礎立ち上がりに、板状の断熱材を張る工法で、床下換気口を設けません。一般的な木造住宅の「床断熱工法」と異なり、外からの湿気を取り込まず、床下結露や木材腐朽を防止する効果があります。 また、基礎と土間のコンクリートは、室温や地熱の蓄熱層として利用できるため、室温の安定化をもたらします。夏は外気より低い温度の地熱により床は冷たく、冬は蓄熱により床の冷たさが和らぐなど、省エネルギー効果が期待できます。

「F☆☆☆☆」水準の安全な材料を使用[ホルムアルデヒド対策]

「無印良品の家」では、内装の仕上げ材、天井裏の下地材、集成材などすべてに、ホルムアルデヒドの放出量が最も少ないとJASやJISの基準で認められた「F☆☆☆☆」水準の安全な材料を使用しています。

快適性を向上させる計画換気[換気]

断熱性や気密性に優れた家では、室内の空気を対流させること、結露やカビの原因となる室内の湿気を排出することなどが求められます。「無印良品の家」では、適切な場所に換気システムを計画し、室内の空気のよどみをなくし、一室空間の快適性を向上させています。