耐久性

永く使うことを想定した劣化対策

通常の維持管理条件のもとで、少なくとも100年は住み続けることを想定している「無印良品の家」。
地震に対する強さだけではなく、腐食やシロアリ対策など、家を永く使うために必要な、あらゆる劣化対策を施しています。

劣化対策等級3

劣化対策等級は、3段階のうち最高の3を取得。これにより、長期優良住宅の認定条件を満たしています。

100年後も同じ強さを持つSE金物[劣化対策]

「無印良品の家」の構造を支えるSE金物は、高い防錆力を持つカチオン電着塗装を採用。
イオンの力で表面に錆びない膜をつくる処理方法で、自動車のボディの底部分にも使用されています。
約600時間にもおよぶ塩水噴霧試験でも、試験前の状態と同じ品質レベルを保ちました。これは、標準的な地域なら168年、塩害対策が必要な地域でも100.8年分の負荷をかけた状態に相当するもので、通常の住宅で使用される電気亜鉛メッキに比較して圧倒的な耐久性を実証しています。

常に乾燥状態を維持する通気工法[劣化対策]

「無印良品の家」では通気工法を採用しています。これは、外壁の仕上材と断熱材の間に通気層を設け、常に壁の中に溜まりがちな熱気や湿気を、地面付近から取り入れた空気を使って外に逃がすことを目的としたものです。これにより、外壁や屋根からの熱や湿気を外へ排出し、耐久性に優れた家づくりが可能になります。

湿気を防ぐベタ基礎[劣化対策]

「無印良品の家」が基礎として標準で選んでいるのは、150mm以上の厚みの鉄筋コンクリート造による「ベタ基礎」です。地盤上に一様に打設されたコンクリートで覆うベタ基礎は、布基礎と比べて地盤に接する面が大きいのが特長です。構造計算により適切な耐力を得た基礎で、建物全体の荷重を受け止めます。荷重の偏りや集中を分散させ、安定した構造をもたらすばかりか、地面からの湿気をも防ぐ効果があるとされています。
また、コンクリートの下には、防湿シートを敷いており、防湿効果をさらに高めています。

薬剤処理により軸組の劣化を防ぐ[劣化対策]

「無印良品の家」では、まず、シロアリの侵入口となる配管まわりや玄関まわりなどに防蟻処理を行います。さらに、地面から1m以内の柱や軸材、合板については、社団法人日本しろあり対策協会や公益社団法人日本木材保存協会に認定された、極めて低臭性で刺激性もほとんどない防腐・防蟻剤による薬剤処理を行っています。柱があらわしとなっている「木の家」では、無色の薬剤を塗布しています。