柱間棚

柱と柱の間は、本棚です

階段の踊り場にある壁はすべて棚。
お気に入りの本を飾る書棚として使えば、階段が読書をするためのベンチになります。

必要なものだけ、出して暮らす。昔から日本の伝統家屋では、ものをたくさん見せるのではなく、最小限のものだけ表に置いて住まう暮らしを受け継いできました。
「縦の家」もそんな住まい方にならい、取り入れることができます。
1ヶ所に本や生活用品を集約してみる。そして残りのスペースには、お気に入りの小物や家具などがほんの少しだけ飾られたすっきりとした気持ちのいい空間が生まれます。
無駄のないすっきりとしたリビング。最低限のものだけが置かれた寝室。
なにも置かないのではなく、本当に必要なものだけに囲まれた身軽で心地よい暮らしを、「縦の家」とともに始めてみませんか。