無垢材フローリング

思いっきり深呼吸ができる家

自分の足にぴったりの靴を履くと、まるで裸足で歩いているような気持になります。究極の心地良さは、モノの存在感が意識されない、自然な感覚にあるのかも知れません。無印良品の家が目指す心地良さも、設備や機器に頼りすぎない、自然の理に適った快適さと言えるでしょう。

自然素材は、豪華さや便利さだけではなく、健康と快適性を重視した選択です。森の木は伐採され製材されたときに、第二の生命が与えられると言われています。無垢材の建材は長寿命で、長く安心して使えるので、エコロジーの考えにもかなった素材と言えます。
木は経年変化が穏やかで、劣化するのではなく、時を経て円熟し、味わい深い表情に変化していきます。汚れや傷がついても、無垢材は、表面を研磨すると新品同様に蘇らせることもできます。

こうした自然の内装材をきりりと際立てるのが、インテリアの細部に施された、ていねいなディテール処理です。巾木(はばき)は、壁をすっきり見せるために建具と同じ白塗装のプレーンな巾木を、窓の家の内装のために特注で用意しています。

すべてに意味とわけがある必然の素材と形。ひとつひとつ挙げていくと切りがありませんが、それを声高に語らなくても窓の家の空間の上質さは、そこに身を置くと五感で感じることができるはずです。
思いっきり深呼吸ができる家。それが「窓の家」の内装品質です。