鉄柱

エコをスマートに支える力持ち

木の家の外観デザインの特長でもある深い軒(のき)は、夏に入射光をカットし、冬に優しい自然光を取り入れるため季節ごとの入射角度を計算して設定。自然光を快適にコントロールするため、室温の調整、冷暖房の負荷に大きく貢献しています。

この深い軒を支える鉄柱は、なくてはならない縁の下の力持ち。
鉄柱がしっかり支えることで、薄くシャープな軒が実現しています。デザインとしてのお飾りではない、理由のあるスマートな鉄柱です。

素材は、鉄塔などにも使用される耐久性の極めて高い溶融亜鉛メッキ。亜鉛の犠牲的防食作用により、鋼材の腐食を抑制します。