Found MUJI

#352 手焙烙(伊賀焼焙烙)

100年以上前からある、お茶やごま、豆、米、塩などを煎る素焼きの土鍋の一種です。 現在は、あまり見かけなくなった道具のひとつですが、今でも万古焼の産地 三重県などで作られています。 「煎る」ための道具なのであまり使われなくなったのかもしれませんが、現代のくらしでは、お茶やコーヒー豆を自分好みに焙煎したり、ナッツや穀物を煎ってグラノーラを手作りするなど、従来の使われ方以外にも使い道や用途が色々と見つかりそうな道具です。