Found MUJI

#346 手刺し子

布を丈夫にする

- 布を重ねて刺し子をする -
一針一針丁寧に刺していくことにより、布自体の強度が増し、表面には細やかな陰影ができ、独特のやわらかな風合いになります。 砂漠の遊牧民たちは、砂ぼこりから守るために刺し子を施したキルトの布をつくり、家具にかけたり、包んだり、敷物として使用します。丈夫なキルトは、何代にも渡って永く使われます。