Found MUJI

#323 竹の加工

長い稈は、強度と柔軟性を保ちながら簡単に加工することができます。たとえば、細い糸状に裂いて繊細な籠を編んだり、曲げて組んだりしても、折れることはほとんどありません。総じて頑丈であるため、耐久性が求められる日用品に適しています。一方、竹の収穫から製品になるまで、ひとつひとつの工程を手作業で行うため、時間がかかる上に正確さと熟練の技が必要です。 竹は、その物理的な特性により、さまざまな加工が可能です。素材の加工そのものが工芸であり、加工技術の知識は最終製品を作る上で欠かせません。



Found MUJI 竹 リーフレット_Found MUJI Bamboo leaflet(1.6MB)