Found MUJI

#322 竹の部位

竹はイネ科に属しており、さまざまな気候帯に広く分布しています。たった数ヶ月のうちに、新芽はタケノコになり、硬さを増しながら親竹に成長します。親竹の直径はタケノコと同じです。 竹は、そのほとんどの部分が活用できます。竹の長く真っすぐな部位は稈かんと呼ばれ、一定の間隔で節があります。 稈は、その細胞構成により引っ張りに強く、大小さまざまな規模の用途に耐える強度を誇ります。節から伸びる 葉のついた枝は動物の飼料となり、葉鞘(竹皮)は昔から包装に使用されています。タケノコは食用に適しており、 アジア各地では食材として収穫され、さまざまな料理に使われています。



Found MUJI 竹 リーフレット_Found MUJI Bamboo leaflet(1.6MB)